癒し時間

先週、妹が子どもたちと遊びに来ましたairplane

前半はお友達と一緒にテーマパークへ。
後半は我が家へ。

私は楽しみで楽しみで、普段買わない果物やお菓子、ご飯は何が好きかな?と考えながら色々と準備しました。

うちには2泊でしたが、動物園に行ったり、買い物に行ったり、一緒にお風呂に入ったり。
「ブータくんとポンタちゃんの間で寝るsign03」と一緒のお布団で寝たり。

それはそれは幸せな癒しの時間となりました。

前回会ったときより大きくなっていて、言うこともしっかりしていて、私の中ではいつまでもかわいいかわいい姪ですが、しっかり成長してるんだなぁと感じた3日間でした。

帰ってしまうと、寂しさと疲れが一気にやってきましたcoldsweats01

また早く会いたいなぁheart04

ブータくん、おめでとう!

ブータくん、めでたく44歳のお誕生日を迎えましたbirthday

 

ここ数年、本当に色々あって、心配したことも心配をかけたこともたくさんあったけれど、穏やかにお誕生日を迎えられて本当に嬉しいですheart04

今日はブータくんの好きなチョコレートケーキを中心にケーキを用意しました。

2人でホールケーキだと食べすぎてしまうので、小さなケーキを2つずつcake

 

これからの1年も、健康で穏やかな毎日を過ごせますように・・・clover

たのし~っ ③

3日目。

朝からしっかりご飯を食べて、上野動物園へGOsign03

お目当てはパンダさんPhoto_12

シンシンが妊娠したかもしれないので7月に入ってから展示中止とニュースで見ていたのですが、早まってこの日から展示中止sweat02

なので残念ながらシンシンには会えなかったのですが、リーリーはドンッと座ってご飯を食べてましたnote

姪はパンダを楽しみにしていたのですが、見学は行列で、ゆっくり止まって見るのが難しかったので、あっという間の出来事となってしまいました。

でもパンダの大きさやかわいさは伝わったようです。

今度はゆっくり見せてあげられたらいいな。

その後も動物好きなお姉ちゃんはたくさんの動物を喜んで見ていました。

が、チビちゃんは動物が苦手sweat01 怯えながらの動物園散策となりましたcoldsweats01

動物園の外で売ってたパンダ焼き⇒Photo_15

 

そして夜は、シルバニアファミリー森のキッチンでディナーrestaurant

Photo_13

事前にお姉ちゃんのバースデーの予約をしておいたので、ショコラウサギちゃんがお祝いに来てくれましたhappy01

着ぐるみが思った以上に大きくてビックリでしたが、ここでも姪が喜んでくれて、オババカも幸せheart04

お姉ちゃんのお誕生日に便乗して、チビちゃんもたくさんウサギさんにギューッheart01と抱きついて喜んでいたので、これまたオババカ幸せheart04

 

盛り沢山の1日でしたが、みんなが笑顔でよかったですnote

 

この翌日。

羽田空港までお見送り。

無事飛行機で帰っていきましたairplane

この時はとってもとっても寂しかったけれど、今度は私たちが夏休みに帰省します。

また会えるのが楽しみですhappy01

 

【おまけ】楽しかった4日間のあと、しばらく疲れが抜けず・・・。トホホshock

たのし~っ ②

2日目。

ホテルのお部屋から東京ゲートブリッジやスカイツリーが見えました。Photo_7 Photo_8

ブータくんはお仕事だったので、優雅に(?)ホテルで朝食を取ってから出勤。

私たちはディズニーランドへsign01

Photo_9ふたりのスカートは、私が縫ったもの()。

いや~、ホントにかわいかった~~heart04

ランドでもアトラクションに乗ったり、パレードを見たりPhoto_10

ブータくんとふたりで行く時は、ファストパスを取ってできるだけ多くのアトラクションを楽しもうとするんですが、今回は子どもたちのペースで。

普段はあまり行かないトゥーンタウンにも久しぶりに行ったり、ダンボに乗ったり。

ミッキーと写真を撮る時、姪は大興奮sign03

何度もミッキーのお鼻をさわってましたcoldsweats01

シンデレラ城ではガラスの靴に足を入れてみたのですが・・・・・姪たちは王子様が探しているお姫様ではなかったようですcoldsweats01

夜もエレクトリカルパレードを見てPhoto_11「リロ~heart04」「プ~さ~んheart04」と一生懸命手を振っていましたhappy01

 

帰りの車ではすぐに夢の中へsleepy

いっぱいいっぱい楽しんでくれて、オババカも大満足note

帰りつくと、ブータくんがお風呂を沸かしお布団を敷いて待っていてくれました。感謝 shine

 

たのし~っ ①

先週、母&妹&姪が遊びに来ました。

妹と姪がディズニーランドに行きたいということから始まった話だったのですが、母の誕生日が近かったので、母の分は妹と私たち夫婦からのプレゼントpresent

 

1日目。

私は一足早くホテルに荷物を預けて、初めてリゾートクルーザーに乗りましたsign01

Photo_2

いつもは車で日帰りなので、お泊まりディズニーは初めて。このリゾートクルーザーも乗ってみたかったんです。

バスの中も外もミッキーだらけで、テンションupup

Photo_3

そして待ち合わせのディズニーシーへ

Photo

前日の夜に自分で塗ったミニーちゃん風ネイルでPhoto_4みんなを待ちました。

姿が見えた時、思わず走りだしていましたnote

待ってたよ~heart04

お姉ちゃんは楽しみ&ワクワクしすぎて、胸がいっぱい。かわいいheart04

前回はチビちゃんがまだ赤ちゃんで、乗れないアトラクションばかりでしたが、今回は乗れるものが増えて「たのし~っhappy02」を連発。

お姉ちゃんも、ジェットコースターに初めて乗って「もう1回っsign01」を連発。

楽しくて仕方がないふたりを見て、私も幸せでした。

キャラクターたちにも全力で抱きつく二人。かわいすぎる~lovely

 

午後からは、半休をとったブータくんも合流。

これには二人が大喜びheart04

妬けるくらいブータくんのことが大好きなんですhappy01

 

アトラクションに乗ったり、夜のショーを見たり、最後までディズニーシーを満喫してホテルへ向かいました。

ホテルの部屋は、マジックハッピールームという、子どもが喜ぶ仕掛けがいくつもあるとてもかわいいお部屋note

Photo_6

お部屋のカードキーもかわいいnote

Photo_14

お風呂に入ってバタンキューでしたsleepy

プレゼント

先日、姪チビちゃんの誕生日でしたbirthday

何のプレゼントが喜ぶかな?と思ってずっと考えていたのですが、ぽぽちゃんのお洋服を作ることにしました。

今までも何度か作ったのですが、お姉ちゃんに送ってあげていたので、チビちゃんに送るのは初めて。

ゆっくり時間がとれなくてバタバタになっていまいましたが、2日間でなんとか完成shine

84

ワンピース、スカート、ブラウス、ズボン。

そしてブータくんがハンガーを作ってくれましたhappy02

本当はもう一枚作る予定だったのですが、断念sweat02 

これを透明の袋に入れてリボンをかけましたpresent

 

送る日の朝。

やっぱりやり残したもう一枚を作りたくなって・・・

84_2 甚平さんを作りましたnote

 

翌日。

チビちゃんから「ありがと~sign03だいしゅき~heart04」の電話がきました。

“自分のsign01”となかなかみんなにプレゼントを見せてくれなかったらしくcoldsweats01

でもお姉ちゃんと一緒に遊んでくれて、ハンガーにお洋服をかけたり、着替えさせたりと楽しんでいるようです。

お姉ちゃんには別のpresentを送っていたのですが、それをとても喜んでくれて興奮気味に電話でお話をしてくれましたheart01

喜んでくれて、オババカ冥利に尽きますわ~lovely

1週間

5月3日から今日まで、札幌に帰省していましたairplane

ブータくんは仕事が休めず、5月3~5日までと短い滞在でしたが、私は有休も使って大満足の連休を過ごしました。

1年ぶりの帰省だったので、まぁ、それなりに色々あったのですがcoldsweats01、姪に癒されまくりの毎日でした。

初日はお昼寝もせず私たちの到着を待っていてくれて、特にお姉ちゃんは私やブータくんにベッタリnote

最初は恥ずかしがって顔を見せてくれなかった姪2号ちゃんも、1時間もすると飛びついてきてくれましたhappy01

 

一緒にお風呂に入ったり、ご飯を食べたり、寝たり。

ゲームをしたり、おままごとをしたり。

広い広い自然公園に行って遊んだり、自転車に乗ったり(押したりcoldsweats01

お姉ちゃんが「ポンタちゃ~ん、大好き~heart04」と抱きついてくれば、2号ちゃんも「ポンタちゃ~ん、大チュキ~heart04

 

ホント幸せな毎日でした。

 

後ろ髪を引かれまくりながら帰ってきました。

さっき、ムースを迎えに行ったら、先生や看護師さんが大事に見てくださっていたので、体重の減りもほとんどなく元気にすごしていました。

感謝感謝happy01

現実生活が始まります。がんばろーsign03

福岡帰省 前半

いつものように動物病院にムースを預けて、福岡へ帰省してきましたairplane

201007171021000_2 ボク、お利口にお留守番できるよnote

今回も1週間の帰省で、時間はたっぷりあるような感じがしていましたが、スケジュールを立ててみると時間が全然足りな~いcoldsweats02

会いたい友達がたくさんいたのですが、全員に会えなくて残念でしたsweat02

 

帰省直前、福岡は豪雨に見舞われ、見慣れた街が水浸しになっているのをtv見て心配していましたが、幸い実家や友人には大きな被害が無く安心しました。

飛行機から見る久しぶりの福岡は、海があって川があって山があって・・・。それだけでホッと心が癒されましたconfident

 

まずは三連休に次兄一家と義母と一緒に別府201007181055000_3

201007181154000_2 途中、中津城にも寄ってみました。

高速から見える別府湾、家々の間から上がる湯けむり・・・etc.

福岡にいた時にはよく遊びに行っていた景色ですが、久しぶりに見ると何とも風情があって、ホントいい景色~ heart04

1泊してみんなで色々話をしたり、温泉に入ったり、大分名物 とり天&豊後牛などなど美味しいお料理もいっぱい食べて、ゆったり過ごしました。

201007191017000_3 次の日は“うみたまご”へ。 

201007191019000_5  お猿で有名な高崎山の麓にある、水族館です

201007191050001_2 どこかにカレイが隠れています。

わかりますか??wink

答えはコレ↓

Photo_2

201007191144000_2 イルカのショーを見たり・・・(水しぶきのプレゼントがものすごくて、みんなビチョビチョsweat01

201007191035000_2 トドやセイウチのショーを見て・・・

201007191306000_2 最後はこのセイウチやトドに触ることもできて・・・(思っていたよりもやわらかくて気持ちよかったです)

楽しい旅行になりましたheart04

夏の恒例イベント

この夏も連休を取って、帰省します。

今回はブータくんの実家へairplane

先日の水害では、実家も友達にも大きな被害がなくて、本当に安心しました。

 

義母と義兄一家と1泊旅行も計画しています。

出産した友達のお祝いにも行きます。

他にも会いたい友達もたくさんいるし、行きたい場所もたくさんあるんですが、限られた日数なので、すべては難しく・・・。

毎回これが悩みの種ですsweat02

結婚したら、自分の都合ばかりでは動けなくなるのは、仕方がないですね。

でも帰省も今回限りということではないので、次回こそsign03の楽しみにしたいと思います。

 

梅雨明け間近。

暑いだろうな~sweat01

大好き♪

5月1日から今日まで、札幌の実家に帰省していましたairplane

気持ちが落ちてしまったままで札幌まで行けるだろうか・・・。それもまた心配のひとつになってしまっていました。

でも母にすべてを話していたので、「とにかく行こう」。

その一心で飛行機へ乗りこみました。

いつもなら音楽を聴いたりのんびり過ごすんですが、前日あまり眠れていなかったこともあって、機内ではひたすら目を閉じていました。でも眠れるわけでもなく・・・。

そして新千歳空港へ到着。いつもならホッとするのですが、わけもなく不安でいっぱいでした。

空港から実家の最寄り駅まではbusで行き、そこからは母の車で帰るので、バスに乗る前に「今から出るよ」と電話をしたのですが、母の「待ってるよ。大丈夫だった?」の声に「うん、うん」と涙ながらに返事をするのが精一杯で。

母は「大丈夫よ。泣きなさい。泣いたらすっきりするんだって」と。

ウルウルの目のままバスに乗り、途中、見慣れた景色にポロポロ涙を流す私を、ブータくんは心配しながらも温かく見守ってくれていました。

その後最寄り駅に着いてバスを降りると・・・「ポンタちゃ~~ん」のかわいい声が響きました。

姪のRちゃんでした。

いつのならしっかり寝ている時間なのに「ポンタちゃんを迎えに行くんだ」と、眠たくて二重になった目で、一生懸命起きて待っていてくれたんです。

嬉しかったです。

それからの3日間は、不安だった気持ちが嘘のように楽しく過ごすことができました。

1日におにぎり1個を食べるのがやっとだった食欲も、すっかり元通りcoldsweats01 気持ちが元気になるとお腹がすきました。久しぶりにご飯がおいしいと思いました。

とにかく母と姪たちのおかげです。

妹も安心して姪たちを預けてくれて、少しの時間ですが、子どもがいるってこんな感じなんだなぁという幸せな時間を味あわせてもらいました。

チビRちゃんも言葉が増えて、ますますかわいくなっていて。

今までもたくさん見てきたはずの札幌の景色も、なんだか空が広くて、遠くの山々がきれいで(頂にはまだまだ雪が残っていました)。

まだ桜もチューリップもつぼみのままでしたが、ふきのとうやつくしが顔を出している何気ない景色からも元気をもらった気がします。

それも、妹や姪たちとお散歩しながらの景色だったので、余計に力がわいたのかもしれません。

 

このまま大丈夫だと思っていたのですが、やっぱり帰りのバスでは涙が止まりませんでした。

今日も空港行きのバス停まで送ってくれた母とRちゃん。

Rちゃんが「ポンタちゃん、だ~いすきheart04また来てね」と抱きついてきたとき、母も「お母さんもポンタちゃんがだ~いすきheart04」と抱きしめてくれました。

涙が止まりませんでした。

この年になって、母に抱き締めてもらうなんて。

母に心配をかけますが、連休明けには病院に行くこと。それは大事な一歩なんだと背中を押してもらいました。

その決断を早く自分でできたこと。それも大事だと言ってもらえました。

 

連休中のことを思い出すと、涙がでます。でも、気持ちは落ち着いていると思います。

母や姪たちからもらった元気を大事にしようと思います。

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ