« チャレンジ! | トップページ

事故のその後

前回から2か月ぶりの更新ですcoldsweats01

 

この2か月間で新しい部署にもだいぶ慣れてきました。

とにかく「私の居場所はここにはない!」と思っていた毎日でしたが、ドッカリと自分の席に座り仕事をしています。

相変わらず「気分転換に、せめてお昼は外に出よう」と思いますが、仕事pcの都合やお財布事情moneybagでそうもいかず、自席で食事をとることも。

そんな毎日ですが、上手に気分転換しながら・・・と心がけているとどうにかなるものだなと実感しています。

 

さて。

交通事故のその後ですが、まだ終結していません。

相手方からの提示に納得いかないことがあり、弁護士さんにお伝えしたところ「それは過度な要求ではないので、しっかり伝えていきます」と言っていただきました。

骨折後に手が動かずに日常生活がままならなかったことを理解してほしい!という部分です。

理解してもらう=賠償になってしまいますが、「お金うんぬんではなく、そこを認めてほしい」というのが一番の主訴なのですが、なかなか納得いく回答をもらえずにいます。

 

そして最近の一番大きな出来事は、加害者に手紙を書いたことです。

事故直後から、加害者の誠意の無さに呆れていました。

自分勝手な言い訳ばかりしていたこと、自分が言ったことすら実行しないこと等々、人としてどうなの?と言いたくなる相手で。

おそらくあと少しで損害賠償について結論が出ると思うのですが、こちらのモヤモヤを抱えたまま終結さえるのが悔しかったので、弁護士さんに相談したところ、手紙を書いてはどうかと提案していただきました。

代理人を立てている以上、直接交渉はできないので。(ここも相手はルール違反をしてきました)

 

努めて冷静に、丁寧な字で手紙を書きました。

怪我を治したくて努力したこと。それなのに元に戻らず、どれだけ悔しい思いをしているかということ。

家族や友人や職場にどれだけ心配や迷惑をかけたかということ。

そして加害者がいかに自分勝手な振る舞いをしてきたか。それによって私がどれだけ不快な思いを繰り返してきたかということ。

全て書きました。

弁護士さんには、冷静に書かれているので修正はないと言っていただき、そのまま送付していただきました。

 

相手に届いたことは確認してもらっています。

こちらの想いが正しく伝わることを願うばかりです。

・・・が、今までの誠意の無さを考えると、また上辺だけの反省と「こんな手紙が届いて、私かわいそうsweat02」って思うんだろうなと思ったりしますcoldsweats01

« チャレンジ! | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャレンジ! | トップページ

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ