« ごちそうさまでした | トップページ | ビビリ »

交通事故のその後

気づいたら、秋になっていましたmaple

年々時間が経つのが早いですcoldsweats01

この夏から秋にかけては、仕事や実家の義母のことなど色々と考えることが多い毎日でしたが、元気にやっていますsign01

 

交通事故のリハビリ、8月末で終了しました。

11月に事故に遭って12月に手術。その後約9か月の間、仕事で遅くなった日以外はリハビリにせっせと通いました。仕事が早く終わってもリハビリに行っていたので、毎日家に着くのが21時近く。

元のように動かしたい一心で。

リハビリの先生からも「一度壊れたものが完全に元通りになることはない」と言われていましたが、本当にその通りで・・・。

日常生活に支障がないくらいに動くようになり、たぶん手首の手術痕を見なければ、長期間リハビリをしていたことは誰もわからないと思います。

でもちょっとした際に感じる痛みや完全に元どおりには戻らなかった手首の可動域に、イラッとしたり悲しくなることがあります。ピアノも弾けるようになりましたが、その最中に痛みが走ることもあって、忘れたくても忘れられないという感じです。

なので、完治ではなく症状固定ということで、後遺障害の申請をしたところです。

そして今日、検察庁から電話があり(オレオレ詐欺かと思って、最初ちょっと疑っちゃいましたcoldsweats01)、これから加害者の裁判が始まるそうです。

私のケガが全治6か月以上で重症と判断されたため、軽微な事故ではなく刑事事件として起訴するとのことでした。

正直ホッとしました。

最初から誠意を感じなかったことや、謝罪も人に言われてようやく来たこと、その謝罪も中途半端で、たぶんこれだけ長期間私がリハビリをしてきたとは思っていないと思います。きっともう「終わった」と思っていると思います。

検察官の方からも私が感じていたようなお話があったので、自分が起こしたことに対してきちんと罰を受けてもらいたいと思っています。

 

後遺障害の認定が出るのもまだしばらくかかるようなので、すべてが終わるのは年を越してからになりそうです。

« ごちそうさまでした | トップページ | ビビリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごちそうさまでした | トップページ | ビビリ »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ