« 事故その後③ | トップページ | お世話になりました »

事故から一ヶ月

毎年クリスマスは、ささやかですがいつもより少しお料理に手をかけてきましたが…、今年はいつも通りのご飯でした。

そして今年のクリスマスは、事故からちょうど一ヶ月でした。

きらびやかなイルミネーションを見ながら、私は仕事終わりでリハビリへ。

年末の金曜日ということもあり、病院は空いてました。

朝起きてすぐは指が固くて握れませんが、30分くらい経つとほどよくほぐれてきます。

まだ指や手首が反らないので、「床やテーブルに手をつく」という何てことないことができません。

握力が戻っていないので、中身のある鍋やお風呂の湯桶が持てません。

手を握ることが出来るようになってきたので、電車の吊革を持ってみましたが、揺れた瞬間「まだダメだった」と悟りました。

力が入りません。

でも、出来るようになってきたこともflair

両手を合わせたとき、指がまっすぐ付くようになりました。

手のひらを少し上向きに出来るようになってきたので、右手でお釣りを受け取れるようになりました。

まだ完全に上を向かないので、小銭が落ちそうになりますがcoldsweats01

来年からは、指や手首のリハビリがもう一歩進むそうですrockscissorspaper

今はまだ自分の力で動かせる範囲でリハビリしていましたが、先生が力を加えていくとのこと。

結構痛いそうですshock

でも「大丈夫です!耐えます!!」と宣言してきました。

動くようになりたいからsign03

 

そんなとき、加害者から電話がありました。

「事故から一ヶ月経ちましたが、具合はどうですか?」と。

良くなっていることもありますが、まだまだ日常生活は不便ですと答えました。

毎回言うことを紙に書いているのか、棒読みで気持ちが伝わってきません。

自分を守るための電話なんだろうなと思います。

« 事故その後③ | トップページ | お世話になりました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事故その後③ | トップページ | お世話になりました »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ