« 事故 その後① | トップページ | 事故その後③ »

事故 その後②

先生に骨の位置を戻してもらったものの、ギブスで固定したり痛みも残っていたため、日常生活にはかなり支障がでていました。

右腕の腫れが引いたら手術と言われていたのですが、手術予定日前日の受診で「このくらいの腫れなら大丈夫でしょう」と言われて手術決定。

診察でギブスを外した腕は「大丈夫」と思えない腫れ&色だったんですが、折れていたら腫れがあるのは当然とのことで、許容範囲だったようです。

 

手術当日の朝入院して、午後全身麻酔での手術となりました。

手術着に着替え、歩いて手術台の上へ。ドラマで見るよりはシンプルな感じでした。

ホンワカあったかいマットの上に横になり、点滴がつながれました。

色々と準備が進む中、「今から麻酔入れますよ~」という先生の言葉と同時に腕がパンっと重くなる感じで液が入るのがわかりました。

「深呼吸してくださいね」と言われて、3回深呼吸した・・・・ところまでの記憶しかなく、気づくとナースステーション脇の病室のベッドに寝ていました。ベッド脇にはブータくんがいました。

麻酔が切れるとものすごい激痛に襲われました。

座薬を入れてもらっても痛い。注射をしても痛い。もう一回座薬を入れてもらって・・・そんな感じで一晩過ごしました。

 

翌朝。

激痛は消えていました。

前日丸一日禁食だったからか、おなかも空いてきましたcoldsweats01

なのに、その日の朝食は納豆。右腕が動かない私に納豆・・・。

看護師さんも苦笑いで「いや~これはきっついですね!混ぜておきますね」と優しく対応してくれました。

 

続く

« 事故 その後① | トップページ | 事故その後③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事故 その後① | トップページ | 事故その後③ »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ