« つくねちゃん③ | トップページ | ERT療法 ~違和感と結果~ »

つくねちゃん④

ただただ快復を信じて、つくねの様子がわかるようにすぐ横にケージを置いて布団に入りました。

たまにカタッと動く様子があったのですが、明け方4時50分ころ、突然ガタガタッと音がしました。

「つくね、動けるようになったんだ!」と思ったのですが、そのあとバタバタした気配があり、すぐに電気を点けるとつくねが横向きに倒れた状態でひきつけを起こしたような状態になっていました。

すぐにブータくんが抱きかかえたのですが、2~3回苦しそうにピンと体を伸ばして、動かなくなってしまいました。

ふたりで大きな声で「つくね、つくね」と呼びかけたり、体をゆすったり、心臓の辺りをマッサージしたのですが、つくねの反応はありません。

掛かりつけの病院に電話をしましたが、さすがに早朝すぎてつながりません。

 

素人の私たちが見ても、蘇生が望める状態ではないことはわかりました。

どうして。

ただただ茫然とするばかりでした。

まだ温かいつくねの体をさすりました。時間が経つにつれて硬直してくるのがわかりました。

いつものことだと思ってしまった私たちの責任。

つくねに申し訳ない気持ちでいっぱいで、ただただ体をさするしかできませんでした。

 

朝いちばんで病院に行きました。

いつもキャリーバッグで連れて行くのですが、タオルで包んだつくねを箱に入れて連れて行ったので、受付の看護士さんもすぐに状況に気付いてくれました。

「きれいにしてやってください」

そういうのが精いっぱいでした。

先生はつくねの筋肉を優しくほぐしてくださり、必要な処置をしてくれました。

きれいにブラッシングもしてもらって、今にも動き出しそうな感じがしました。

先生や看護士さんにお礼を言って、つくねをタオルに包んで抱っこして帰りました。

「こんなにかわいい顔してるのになぁ。本当は寝てるだけじゃないのかな」と思いながら一旦家に帰り、ムースを預けている動物霊園に連絡を入れました。

 

お昼過ぎ、火葬してもらうことにしました。

つくねは女の子だからピンクのお花がいいかな?と思いましたが、元気なつくねを思い出すと黄色やオレンジもいいねとブータくんと話して、ピンクと黄色のガーベラをメインにした小さな花束を買いました。

白い布をかけてもらったつくね。まだ実感がありませんでしたが、ひとつひとつ作業が進むにつれて、「もう撫でてあげられなくなるんだ。本当にさよならなんだ」と涙が止まらなくなりました。

私たちが用意したお花と火葬場の方が準備してくれたお花でつくねの周りを飾りました。

普段元気すぎるくらいだったつくねですが、お花に囲まれておしとやかな女の子に見えました。

何度も何度も撫でました。

助けてあげられなくてごめんね。苦しい思いをさせてごめんね。

 

つくねのお骨はとてもきれいでした。

背骨もお顔の骨もしっかりしていますねと係の方が言ってくれました。

それは、本当に急だったことやまだ3歳という若さだからこそだと思いました。

小さな骨壺に入ったつくねちゃん。

初めてうちに来た時のように、手のひらにすっぽり納まってしまいました。

先に納骨堂にいるムースに「つくねだよ。よろしくね」と挨拶しました。つくねも大きくなったと思っていましたが、ムースの骨壺より一回り小さい骨壺でした。 

今後は納骨堂に預ける予定ですが、少しの間、家に連れて帰ることにしました。

 

今日も施術をしていただくことにしていたのでorangeさんにも連絡を入れると、つくねのメッセージを伝えてくださいました。

「自分の体の状態をちゃんと伝えなかった自分が悪い」と。

もう涙が止まりませんでした。

つくねは何も悪くないよ。つくねのせいじゃないよ。精一杯伝えました。

 

空っぽになったケージ。小さな骨壺。

現実は目の前にあるのですが、まだ実感がわきません。

3歳1ヶ月。

我が家に来たのが2012年9月8日だったので、ちょうど3年経ちました。

たった310gしかなくて、こんな小さな子をちゃんと育てられるかなと不安もありましたが、どんどん元気に大きくなってくれて、私たちの大事な大事な娘でした。

私たちの姿を見るとパッと立ち上がって「遊ぼう。撫でて。ごはんちょうだい」とたくさん甘えてくれたつくね。

もっといっぱい遊んであげればよかった。

もっといっぱい撫でてあげればよかった。

もっと丁寧に体調の変化に気付いてあげればよかった。

後悔や反省もいっぱいありますが、それ以上につくねがいてくれて本当に幸せだったこと、大切な家族になってくれて感謝していることを、これから先もずっと伝えていきたいと思っています。

大好きなつくねちゃんの姿形はさよならしたけれど、お空からムースと一緒に私たちを見守ってくれるといいなと思います。

つくねにたくさんの感謝を込めて。

つくね、また会おうね。

1 

2

3

4

« つくねちゃん③ | トップページ | ERT療法 ~違和感と結果~ »

コメント

突然の事でとても驚きました。
ポンタさんとご主人の心中お察しします。。
きっとムースちゃんが笑顔で迎えていますね。

★しまこさんへ

ありがとうございます。
私たちも突然のことで、まだ実感がありません。
お別れの瞬間は本当に悲しかったのですが、お骨になって一緒に帰ってきてからは悲しいという気持ちがあまり強くなくて、「ただいま~」「おはよう」とケージの方に声を掛けようとして、そのたびにハッとしています。
ムースと一緒に私たちを見守ってくれているといいなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つくねちゃん③ | トップページ | ERT療法 ~違和感と結果~ »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ