« つくねちゃん② | トップページ | つくねちゃん④ »

つくねちゃん③

私たちが救急病院を出たのは朝4時過ぎ。8時半にまた来院して、状態がよくなっていれば掛かりつけの動物病院に移動。良くなっていなければそのまま救急病院で治療ということにしました。

金曜日は私がどうしても午前中休めなかったので、ブータくんが休みを取ってくれることになりました。

病院を出る前に「こういう話をするのは・・・」と言葉を選びながらでしたが、「緊急の場合はすぐにご連絡します。その際、延命治療はどうしますか」と。

私もブータくんも、治る見込みがあるなら考えますが、延命=苦しい時間を延ばすだけなら望まないことを伝えました。

全く眠っていなかったので、仕事に出るまでの30分だけでも眠ろうと思ったのですが、なかなか落ち着かず、結局15分くらいウトウトしただけで出勤。

いつ電話が入るか気が気ではなかったのですが、病院に向かったブータくんから「つくね、動けるようになったから、いつもの病院に移っていいって」と写メが来ました。

いつもの病院では、先生と看護士さんに押さえられるくらいパワーがあったそうで、「最悪の状態は脱した!さすがつくねちゃん!!」と一安心。

 

仕事中も気になってブータくんに連絡をすると、家に帰るとまた丸くなったままエサを食べず、丸くなる状態が続いているとのこと。

病院に電話したけれど、今日やれることはやったので様子を見るしかないと言われたとのこと。

私はorangeさんに連絡をすることにしました。ERT療法でつくねの治療をしてもらうことにしました。

数日前から全体のエネルギーがゼロになっていたこと、毒を排出できずにいることなどがわかりました。いつも飲んでいるお水に快復に必要なエネルギーを込めていただきました。

私が仕事を終えて急いで家に帰っても状態は変わらず。

でも自力で動いていたし、前にも2~3日で元気になったことがあったので、きっとここから快復する!

そう信じていました。 

続きます。

« つくねちゃん② | トップページ | つくねちゃん④ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つくねちゃん② | トップページ | つくねちゃん④ »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ