« ストレスの余波② | トップページ | ハモれメロス »

隠さない隠しごと

先日、髪や頭皮の悩みを書きましたが、さらにストレスは大きくなっていきました。

自分の髪が薄くなったことも苦しいのですが、人の頭皮にばかり目がいってしまうことが苦しくて苦しくてどうしようもなくなっていました。

そしてある日突然、ウィッグやさんに行ってみようと思ったんです。

それまでにも家族や友人から「ウィッグつけちゃえば?」と言われていたのですが、まだギリギリ30代だし・・・ウィッグがバレたらそれもイヤだし・・・と思っていました。

それがその日は「今日行く。今日行きたい」と突然思いました。

 

ブータくんも付き合ってくれて、二人でお店へ。

自分の今の悩みを話すとすぐに「これがいいと思いますよ」とトップだけ隠れるロングヘアのウィッグを見せてくれました。

が、まぁ~高いshock

安いものだと誰が見ても「かぶってます」となるのはわかっていましたが、人毛も入っていてとても自然なウィッグはそれなりのお値段がするものですねcoldsweats02

それでも真剣に悩んでいると、店員さんが「まぁ、最近はみなさんおしゃれの為にファッション感覚で買っていかれますからね~」と。

・・・・チーンdown

その一言で私の気持ちは一気にダウンしました。

お店の人は「そんなに悩まやなくても大丈夫。気軽に」と言いたかったんだと思います。

でも私は、「私はファッション感覚で買うんじゃない。おしゃれをしたくて買うんじゃない。この人は何もわかってない!」と思ってしまいました。

すぐにブータ君の方を向いて「ここイヤ。ここでは買わない!」と宣言。

お店の人にも「やっぱりすぐに決められないので、落ち着いてからにします」と言って、店員さんの顔も見ずにお店を出ました。

本当は泣きたい気持ちでいっぱいでしたが、泣いたらあの店員さんに負ける気がして泣きませんでした。

 

そしてもう1件あったウィッグやさんへ。

そこでも最初のお店と同じように自分の悩みを伝えました。

すると一言目に「それはお辛かったですね」と言ってくれたんです。1件目の対応の違いに気が緩んで涙が出てしまったのですが、すぐに「こちらへどうぞ」とパーテーションで区切られた個室のような場所に通してくれました。

1件目では人通りの多い場所から丸見えのところに座らされて話をしたのですが、こちらは見えない場所で相談ができるブースがあって、そういうところにも気遣いを感じました。

そしてこちらでは私の髪の長さや色に合うものを選んでくれたり、店員さん自身も着けている状態を見せてくれたりして、私のウィッグに対する気持ちがどんどん変わっていきました。

そしてひとつ買っちゃいましたcoldsweats01

 

ブータくんも、母も妹も、親友も「全然わからない。よかったね」「最近の技術はすごいね」と言ってくれて一安心したのですが、いざそれを着けて出勤となるとまた新たな不安が・・・。

翌々日、ストレスからくる動悸のドキドキと違って、「大丈夫かな?」「おかしくないかな?」とドキドキしながら出勤しました。

職場では「あれ?」という顔をする方もいましたが、「美容院行ったの?」と聞いてくる方も。

この日はドキドキしすぎて「いえ、ちょっと・・・」と濁してしまったのですが、今の職場の方ならわかってくれると思って、次の日みんなでお昼を食べる時にカミングアウトしました。

「昨日、美容院行ったの?って聞いてくれた時に濁しちゃったんですけど、この前から髪が薄くなったことを気にしてるって話したんですが、新たなストレスになったらよくないと思って、ウィッグ着けちゃいました!」と。

すると「本当に美容院に行って、髪の分け目を変えたんだと思ってたんだよ」「全然わからなかったよ~」「どこに着けてるの??」と聞かれました。

本当はわかっていた方もいたと思います。

でも皆さん口々に「大丈夫よ。髪がまた増えてくるまで、これで安心できるならよかったじゃない!」と言ってくださって。

ホッとしました。本当にありがたかったです。

 

髪が薄くなったことを隠すために買ったウィッグなのに、そのことを話す私coldsweats01

隠しごとが隠しきれませんでした。

でも、今の職場の方が温かいからこそ、自分が苦しみすぎずに済む選択ができたんだと思っています。

本当に周囲の人みんなに心から感謝ですconfident

« ストレスの余波② | トップページ | ハモれメロス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ストレスの余波② | トップページ | ハモれメロス »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ