« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

ピアノ

今日はピアノの発表会でしたnote

大人だけの発表会。

私は去年に続き2回目の参加です。

ブータくんと友人が見に来てくれました。

今年はショパンのノクターンを弾きました。

少し失敗してしまった部分もありましたが、人前で弾く心地良い緊張感を味わいながら、楽しく弾くことができて嬉しかったです。

大人になって始めた方も多く、聴いているこちら側も「頑張れrock」と力が入ってしまう場面もありましたが、とてもいい刺激をもらいました。

来年も参加できたらいいなと今から考えていますhappy01

お腹がすいた!

「あ~~、久しぶりにものすごくお腹すいてる~bearing

ブータくんが昨夜から連発した言葉です。

 

元々食べることが大好きなブータくん(と私coldsweats01

その通りの体型のふたりpigpigですが、心が不調の間は食欲もドンッと落ちていましたdown

あるドラマで「食べることは生きること」というセリフがあったのですが、最近「この言葉の通りだなぁ」と思っていました。

 

心労の原因が一段落して、ブータくんに食欲が戻りました。

まだまだ心配事はあるようですが、一段落したことで少しホッとしたのがよくわかります。

今日のお昼は久しぶりに外食restaurant

ちょっとハメを外し過ぎちゃったかなsweat01と思うほど食べてしまいましたが、笑顔で美味しくお腹いっぱい食べることができて、本当にホッとしましたconfident

 

さっ、また明日からは復活してきた食欲に負けずに、ダイエットも頑張ろうねcoldsweats01

子宮がん検診

2年ぶりに子宮がん検診に行ってきましたhospital

前回の受診時にもらった女性向けのがん検診の冊子に「次は2年後に受診して欲しいので平成○○年」と書いてあるページがあり(○○は自分で記入)、そこに自分で25年って書いていたんです。

(その冊子には2年ごとに受診するように、4年後、6年後、8年後・・・とページがあります)

 

検査結果が悪かったら・・・そう思うと足が遠のきそうになりましたが、「子宮頚がんのピークは30代後半」とも書かれていて。

まさしく今の私は30代後半gawk

行かなくちゃsweat02

 

市の検診ですが、自分で市内の病院を選んで行きます。

有休を取って、総合病院に行ってきました。

久しぶりの婦人科。

ちょっとドキドキしましたが、あっという間に検診終了。

結果は2~3週間後に郵送してくれるそうです。今までの個人病院は結果を取りに行くことになっていたので、郵送は助かります。

有休を取りましたが、検診は9時半には終了。

たまの平日休みをのんびり過ごしましたjapanesetea

 

結果が大丈夫だったら、次回は2年後。

そうなることを願っていますconfident

最近のこと

急に気温が下がって、夜、布団に入っても鼻だけが冷た~くなりますsnow

ブータくんもビックリする冷たさに、「鼻が高い証拠よhappy02」と答えていますが、この冷たさは尋常じゃありませんcoldsweats01

 

最近の色々を少し。

先月からブータくんの心の調子がよくありませんheart03

上司がちゃんと報告しろというので、病院の先生とも相談して現状を話したのですが、「で、どうしたいの?」「いつまでにどうするの?」「どういうことなの?」と険しい顔で矢継ぎ早に聞かれたようで・・・。

ブータくんも私も、どうしてほしいわけではないのです。

怪我をした人がいたら荷物を持ってあげる。妊婦さんがいたら席を代わってあげる。

そういうことと同じように、ほんの少しだけ配慮していただけたら・・・。威圧するような言葉じゃなく、少しだけ言葉を選んで話していただけたら・・・。

ただそれだけでした。

上司は「オレは心理学を学んだからわかる」。

ブータくんに対してそう言ったそうですが、心理学を学んだ人の対応とは思えない数々の言動に、私はイライラannoy

私だって心理学の授業を選択したけど、深く勉強したわけではないから、人様に「学びました。わかります」なんて言えないけどね。

何て自信満々な人なんでしょうannoy

 

その後、上司からの当たりが強くなったそうです。

きっと「オレのせいじゃない」と言いたいのでしょう。

ムカつく~~~~annoy

 

それでも頑張って会社に行くブータくん。

私は朝から温かいお茶を入れて、笑顔で送り出し、無事に帰ってくるのを待つしかできません。

前はちょっとキツそうかなと思うと「大丈夫?」と声を掛けていましたが、それは止めました。

大丈夫じゃない人に「大丈夫?」と聞いても仕方ないと思ったんです。

私に心配をかけないように「大丈夫」と答えてくれても、それは嘘をつかせていることになるし、「大丈夫じゃない」と言ったら私に心配をかけると余計に気を遣わせてしまうので。

最近はブータくんに文句を言ったり、キツイ言葉を掛けることもだいぶ減ったと思います。

そんな私に「無理しなくていいよ~coldsweats01」というブータくん。

無理はしていません。自然にそうなってるんだけどなcoldsweats01

 

一時は不安と心配等々マイナスな気持ちばかりで、ブータくんも私も体重が減りました。

まんまる夫婦の私たちは「ブータくんダイエットだね」と笑って過ごしましたが、最近は少し心の状態が最悪状態よりは落ち着いてきたのと同時に食欲も戻ってきて、あれよあれよという間に体重が戻ってきてしまって・・・。

喜んでいいのかどうか・・・わかりませんcoldsweats01

 

今年もあと1ヶ月半。

心身共に穏やかに過ごしたいものです。

1歳3ヶ月になりました♪

1歳3ヶ月のスタートは、エリザベスカラーから解放されて元気いっぱいsign03

 

 

・・・・のはずでしたsweat02

カラーを外したら、エサが食べやすくなってさらに元気いっぱいになると思っていたのですが、逆にまったくエサを食べなくなり、フンも出なくなってしまいました。

 

これはおかしい。夏に腸が動かなくなった時と同じだsad

 

今回はすぐに原因が思い当たりました。

「毛」だ。

エリザベスカラーを外す前から換毛期が始まっていて、一生懸命毛繕いをしようとしていましたが、カラーが邪魔でできなくて私たちが毎日ブラッシングしていました。

でも、カラーを外した時から「待ってました」とばかりに体を舐めはじめました。

それ目にした時は、お腹に毛が溜まらないようにすぐにブラッシングにしていたのですが、目を離していた時にもいっぱい毛繕いをしていたのだと思います。

 

すぐに病院に行き診察をしていただくと、体温は維持できているが、15秒に1回くらい聞こえるはずの音(腸が動くグルっという音)があまり聞こえない。

そしてお腹をマッサージすると、ガスが溜まっているようす。

総合すると「毛球症でしょう」とのことでした。

やっぱり・・・down

 

ビタミン剤や整腸作用のある薬を注射していただいて、ラキサトーン(毛球症予防の薬)を飲ませていただきました。

 

一晩様子を見たのですが、翌日も食欲無し・排便無し・元気ちょっとあり。

 

ちょっとの元気はありましたが全く食事をしないことが怖かったので、私は外出していたので、ブータくんがつくねを再度病院へ。

Photo

強制給餌をしていただきました。

 

そして今日。

不規則な形のフンが●●●

Photo_2

毛でつながっています。

フンの中に毛が入っているのも見えます。

少しずつですが、毛が排出されているのがわかって、少しホッとしました。

前回腸の動きが悪くなった時と同じく、フンが出てからは食欲も戻ってきました。

よかった~confident

ミニつくねができるくらい毛が抜ける時期なので、もっと気をつけてやらないといけないと猛省の毎日ですsweat01

Photo_3

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ