« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

ありがとう

昨日は私の38回目のお誕生日でしたbirthday

誕生日前日から、用事があってブータくんは実家に帰っているので、「つくねと二人だなぁ・・・think」と思っていました。

でも朝から母から電話があったり、先輩や友人からおめでとうメールやプレゼントが届いたりと、嬉しい嬉しい1日が始まりました。

みんなが覚えていてくれることが何よりの幸せですshine

ブータくんに「○○先生からプレゼントいただいたんだよ!!」とメールしていた時、ピンポーンnote

お花屋さんでした。

誰からかな~と見ると・・・ブータくんからsign03

いつもうちがお世話になっているお花屋さんに、前もって注文していてくれたんです。

Photo

Photo_2

ブータくんが実家に帰る前。

仕方が無いとは思っていたのですが、つい「今年の誕生日はひとりか~」と愚痴ってしまって・・・。

こんな風に考えていてくれたことが本当に嬉しかったです。

「かわいい感じにしてください、って頼んだんよ」と言ってました。本当にかわいいflowerケーキでしたheart04

 

先輩先生が私たち夫婦をイメージして選んでくださったクマさん&うさぎさん。

Photo_3

ケンカして、そっぽを向いてしまうこともあるけれど、こんな風にのんびりゆっくり仲良く過ごしていけたらいいなと思います。

早速毎日目に留まる場所に飾りましたheart04

 

38のスタート。本当に幸せな一日でした。

みんな、ありがとうnote

ほわほわ

先日のつくねの体調不良は、毛球症の可能性が高いとのこと。

うさぎは綺麗好きなので、自分で上手に毛繕いしますが、お腹に入った毛を吐き出すことができません。フンと一緒に出てくれればいいのですが、それがお腹に溜まってしまうと、うっ滞を起こします。

 

換毛期に入り、時々はブラッシングしていたのですが、ムースと違ってブラッシング大っ嫌いなつくねさん。

なかなか細部までさせてくれませんでした。

 

でも、あんな可哀想な姿は二度と見たくないsign03

意を決して、念入りにブラッシングをしました。

 

ケージの隅に逃げるつくね。

でも今日は容赦しませんpunch

背中、左右の脇腹を特に念入りに。そしてお尻までブラッシングしました。

途中からは、少し納得してくれたのか、大人しくブラッシングされていました。

窓を開けていると、風で毛がほわほわ飛ぶので、窓を閉めて頑張りました(今日は少し涼しくてよかった)

すると

719

つくねがもう一匹いるかのような毛量happy02

少しつくねも小さくなったようなcoldsweats01

 

つくね、お疲れさまでした。まだまだ抜けるから、また頑張ろうね

719_2  

つくね ~病院&ERT②~

病院&ERT①の続きです。

夜中、何度も目が覚めました(というか寝付けませんでした)が、何度見てもつくねは丸いまま。

どうしよう、どうしよう・・・という思いが募ります。

朝5時ごろ、それまでとは違うカタカタという音で目が覚めました。

ケージを見ると、つくねが動いてるsign01

もしかして・・・と思って、ケージの床下を見ると、フンが4粒落ちていましたsign03

1日半ぶりの排泄。私はもう嬉しくて嬉しくて。

するとつくねが水を飲み、エサを食べて始めましたhappy01

嬉しすぎて、実家に帰っているブータくんにすぐに電話。

開口一番「つくねが!」と言ったので、ブータくんは「えっ、つくねがどうした??」とプチパニック。最悪の報告だと思ったそうです。

朝5時半に電話が来たら、確かにそう思いますよねcoldsweats01

でもつくねの様子が改善してきた話をすると、ブータくんも喜んでいました。

 

様子を見ようかと思いましたが、日曜日は病院が休みなので、今日のうちにもう一度受診することにしました。

脱水があったら怖いし。

病院では体温40℃。元気が出て来て、病院に行きたくないとちょっと暴れたせいでしょう。

それを差し引いても、確実に体温があがっていることに感激。

そして脱水も無いようだったので、再度腸を動かす薬や毛球症の薬等を飲ませていただきました。その間も、先生をキックしたり、逃げ出そうとしたり・・・sweat01

元気になった証拠だけど、先生共々苦笑いでした。

 

そして夜は再度ERT療法をお願いしました。

【つくねの変化】

clover心の安らぎ

⇒半年くらい前から満たされていない状態だったそうです。

cloverトリプトファン

⇒必須アミノ酸のひとつで、3ヶ月弱前から脳で反発していたそうです。

感覚系(左耳)でエネルギーの伝達が悪かったので、整えていただきました。

★昨日はほぼゼロになっていたエネルギーは昨日の3倍。施術後にはさらに倍になりました。

★自分で調整する力は3割まで落ちていました。

★消化器系の腸は昨日はゼロ、今日は2割。胃は9割。肛門は2割。後ろ足は4割の状態でしたが、施術後はどれも100%になりました。

生殖系や前足は問題無しでした。

★昨日は私やブータくんへのエネルギーがほぼゼロだったそうですがsweat02、今日はブータくん90%(施術前)から100%(施術後)へ。そして私へのパワーは150%になっていましたheart04

つくねが元気になって、私たちの想いも通じたようで、本当によかったです。

ブータくんは用事で実家に帰っていて、私ひとりでつくねを見る不安も大きかったし、最悪の状態も考えてしまった2日間でしたが、ホッとできる状態になって本当によかったです。

ムースに「つくねを守って」とお願いしたので、ムースが「頑張れ」って言ってくれたのかな。

 

病院の先生方、orangeさん、ムース、本当にありがとうございました。

つくね、よく頑張ったね。

713

つくね ~ERT①~

様子見からの続きです。

仕事から急いで帰りましたが、つくねの様子は全く変わらず。

丸くうずくまったままでした。

前夜から気になっていた後ろ足の動きがぎこちない(トイレに乗る時など、足がちゃんとついて行っていない感じ)も変わりません。

 

このままただ見守るだけというのがとても苦しく、何か少しでもできることがあれば・・・と考えて、orangeさんに連絡をしました。

すぐにERT療法の遠隔でつくねを診てくださいました。

【つくねの変化】

clover【感情】

⇒「自分に正直に生きていない。私たちに対して警戒心を持っていること」への罪悪感等の感情が、8~9日前から48倍に溢れていたそうです。

そしてつくねの体はその感情を「毒」として認識して、脳の指令系統に影響が出ていたそうです。

clover【消化器系】

⇒中枢神経の働きを低下させていたそうです。

clover【感情】

⇒拒絶感から大腸の委縮につながっていたそうです。

clover【排泄機能】

⇒機能が低下していたので整えていただきました。

★エネルギーがほぼゼロになっていたそうですが、数日前までのエネルギーレベルまで戻りました。

★自分で排泄する力はこの時点で5~6割しかありませんでした。

 

この日の夜もつくねはずっと丸くなったまま、ほとんど動きませんでした。

つくねのちょっとした動きにも目が覚めるほど、私の緊張状態も続きました。

 

⇒続く

つくね ~様子見~

救急病院からの続きです。

家に着いたのは夜中12時近く。

つくねはケージに戻ってからも、相変わらずトイレの上やケージの隅で丸くなっています。

目に力がありません。

ご飯も水も口にしません。

 

気になって30分おきに目が覚めてつくねを見ても、全く様子が変わりません。

私の不安も大きくなるばかりでした。

 

朝一で、かかりつけの動物病院へ行きました。

すでに救急病院から受診の情報が届いていました。

体温は前夜より少しあがって38.3度。

不安が大きい中で、少しだけホッとした瞬間です。

毛球症だろうとのことで、前夜の水分補給や腸を動かす薬の注射の他に、毛球などが出やすくなるラキサトーンを飲ませてもらいました。

まだまだ若く体力もあるだろうし、体温も少しあがっているので、急変することはないだろうとのことで、私は後ろ髪を引かれながら仕事に行きました。

 

⇒続き

つくね ~救急病院~

発症からの続きです。

夜間救急病院に着くと、ワンちゃんを連れた家族が何組もいました。

うさぎを診られる先生が処置をされていたので、先につくねを酸素室に預かるとのこと。

15分ほど待って診察室に呼ばれました。

 

つくねは保温シートの上に座っていました。

触った体温から、熱中症とは思えないとのこと。また、すぐに直腸体温を測ってくれたのですが、37℃後半。

この時点で、私たちがつくねを涼しい中で連れてきたことは間違いだったことになります。

そして37℃台という体温。

38~40℃くらいが平熱のうさぎは、体温の低下は致命傷です。

すぐにつくねのお腹の音を聴診器で確認。すると「全く音がしていない=腸が動いていない」とのこと。

熱中症の次に「うっ滞」を疑っていたので、やっぱり・・・という思いでした。

でもその瞬間、うっ滞は重症になると死に至るという情報も多いため、私の気持ちもどんどん沈みます。

そして、ムースがさよならした時の体温も37℃台だったことがズーンと思いだされました。

 

大丈夫、大丈夫。

つくねと自分たちに言い聞かせました。

 

応急処置として、水分補給(背中から大きな注射で注入)、腸を動かす薬を注射、強制給餌(お腹が動くきっかけになるかも)などをしていただきました。

その間、つくねは逃げようとタタタッと走ったのですが、いつものような元気はありません。

 

薬や強制給餌がきっかけで、腸が元のように動き出すことを期待して、家に帰りました。

 

⇒続く

つくね ~発症~

これまで大きな病気もなく大きくなってきたつくね。

その日も、私が仕事に出るお昼までは普通に過ごしていました。

19時頃、仕事が終わり家に着いて、いつものようにケージの中のつくねに「ただいま~」と声を掛けたのですが、いつもなら「ご飯ちょうだいsign01」と駆け寄ってくるつくねが動かない。

ケージの隅でマリモのように丸くなっています。

エアコンを付けていったけど、暑過ぎて熱中症になったのかもと思い、すぐに部屋の温度を下げました。

水を飲ませようとしましたが、飲まないどころか顔を背けることさえしません。

ふとトイレを見ると、フンもおしっこもほとんど出ていない。

やっぱり何かがおかしい。

 

しばらくして帰ってきたブータくんも、すぐに何かおかしいと気付きました。

でもその日は掛かりつけの動物病院は休診日。ダメ元で電話をしましたが、つながりません。

万が一の為・・・と携帯に入れておいた夜間救急の動物病院も21時から。

 

うさぎは異変が出てから命を落としてしまうまでの時間が短いと聞いたことがあるし、ムースの命日がつい数日前。

色々なことが頭をよぎりました

 

とにかく、つくねの為に後悔しない選択をしようと決めて、21時と同時に夜間救急病院に電話をして、すぐに診ていただけることになりました。

車で約40分。

本当ならつくねのすぐそばに座っていたかったのですが、弱っているつくねを見ているとマイナスなことばかりが頭をよぎってパニックになりそうな気がしたので、私が運転することにしました。

熱中症かと思って、つくねのキャリーを涼しく保ちながら病院へ急ぎました。

 

⇒続く

あつ~い

夏生まれのつくねちゃん。

77_2

でもうさぎさんは暑さに弱いので、ここ数日の急激な気温上昇にバテ気味です。

少しでも暑さが和らげば・・・と思って、扇風機を当てたり、凍らせたペットボトルを入れたり、ムースも使っていた暑さ対策の大理石マットやアルミ板を入れました。

が。

77

突然入れられた板に違和感があるのか、乗らないsweat02

扇風機の風が一番よく当たる場所でゴロン。

そうそう、ムースもそうだったなcoldsweats01

徐々に板にも慣れてくれたらいいなと思ってます。

Nec_0221 慣れたら涼しいよ。

大好きよ♪

ムースがお月さまに還って、2年経ちましたfullmoon

もう2年経つんだなぁ・・・。

寝る前は私もブータくんも「つくね、おやすみ~。ムース、おやすみ~」と順番に声を掛けてから布団に入ります。

時々お墓参りに行って、元気にやってるよと報告しています。

直接は会えなかったけど、きっと妹(つくね)のことも見守ってくれてるんだろうなぁって思います。

つくねと遊んでいると「ムースは○○が好きだったなぁ」って思い出すこともたくさんあります。

つい先日、つくねを動物病院に連れて行った時、受付表に「○○(名字)ムース」と書いてしまいました。

ムースは病院に行く回数が多かったから、ついcoldsweats01

看護士さんも優しく笑ってくれましたclover

 

いつもはプリザーブドフラワーを飾っていますが、命日の前後は生花を。

私の中のムースのイメージは黄色。元気な黄色です。

Photo

これからもずっとずっと大好きよheart04

涼
今日は急激に気温が上がりました。

これからはこれに蒸し暑さが加わって、寝苦しい毎日になるんだろうなぁと思っていたところ、たまたま買い物に行った時に「氷のう」を発見〓

去年から買ってみようと思っていたので、即買い。

最近、足の裏がブワーッと暑くなる時があって、前にいただいた足裏を冷やすグッズを愛用していましたが、今年は氷のうも気持ち良さそうです〓

11ヶ月になりました♪

今月も元気に1日を迎えましたheart04

暑くなってきて換毛期を迎えていますが、ブラッシングが嫌いimpact

毛球症にならないように、心を鬼にしてブラッシングしなくてはpunchと頑張っています。

 

週末は久しぶりに病院に行って、健康チェックと爪切りなどをしていただきました。

ワンちゃんdogやネコちゃんcatが多かったからか、前に行った病院のにおい(?)を覚えていたのか、かなり緊張状態のつくね。

最初はキャリーの中でマリモのように丸く固まっていました。

でも長い待ち時間の間に少し慣れたのか、ひょっこり顔を出すようにcoldsweats01

1

1時間ちょっとして順番が来ました。

最初は体重測定。この診察台がそのまま体重計になっています。

今回は1.65kg。生まれた時の約5倍になりましたsign01

2

先生のおひざの上で爪切り開始。

たまにフンフンッと逃げようと試みましたが、先生に敵うはずも無く・・・。

先生からは「大人しいね~。お利口だね~」と言っていただけましたgood

3

爪切りの後はやすり掛け。

4 されるがままのつくねちゃん。

お腹の触診、歯の状態、あごの状態、足の裏等々診ていただいて、最後に心音チェック。

5

全て問題無しでしたsign03

6

「まな板の上の鯉」ならぬ『先生のおひざの上のつくね』

我が家ではこんなことは無理sweat01 先生は本当にすごいですshine

 

それにしても、つくねは本当に大きくなりました。

10

全然違~うhappy02 顔の貫録も違~うhappy02 体の色も濃くなりましたhappy02

 

診察室から出ると、ブータくんにしがみついていました

7

早く帰ろうよ~って言ってるみたいcoldsweats01

8

帰りの車の中でも、ホッとしたのかゴローンとくつろいでいました。

9

いよいよ来月は1歳のお誕生日。

元気に大きくなってほしいです

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ