« 10周年記念の旅②【知床クルーズ&知床五湖】 | トップページ | ERT療法 遠隔~リフレッシュ~ »

結婚10周年記念の旅③【ウトロ~羅臼~札幌】

エアコンどころか扇風機もいらない涼しさ(寒さhappy02)で、お布団をしっかり掛けて爆睡したおかげでお目覚めスッキリshine

前日たくさん歩いた疲れもほとんどありませんnote

家では朝食を食べないことが多いのですが(昼食が早いので)、ここでは美味しいご飯をしっかり堪能しましたriceball

 

いよいよ記念旅最終日。

3日目は知床峠を越えて羅臼へsign01

その前に、前日海から見た“フレペの滝” (乙女の涙)を上から見られる場所があるので、そこに行くことにしました。

知床五湖に向かう道と知床横断道路のちょうど分岐点辺りにある、知床自然センターから約1kmの遊歩道を歩きます。

1霧が立ち込める、静か~な森の中を進みます。少し怖いくらい。

11_2しばらく進むと、急に視界が広がりました。

背の低い植物(シダや笹)がたくさん。背が低いと言っても、私たちの腰下くらいまでありました。

雨でぬかるんだ遊歩道にシカの足跡を発見sign01

12_2

そしてクマの気配に気を付けながら更に進むと、海鳥がたくさん飛んでいるのが見えてきます。

そしてフレペの滝が眼下に見えましたsign03

13_2

クルーズで見た時より近い分、迫力がありました。

 

そしてここから知床峠へと向かうのですが・・・・どんどん霧が濃く深くなっていくsweat01

前日のガイドさんの言葉を胸に「これも知床」と言い聞かせるのですが、周りの景色が全く見えないsweat02

知床峠は斜里町と羅臼町の境目

22 21

ガイドブックや峠の案内板では、羅臼岳がドーンと見える場所sign03

23・・・・・真っ白sweat02

360度、見渡す限り真っ白crying そして寒いsweat02

待っていても霧が晴れる感じが無かったので、「知床峠」という碑の前で写真を撮り、羅臼に向かって下っていきました。

すると、どんどん霧が晴れていくsign01

3 さっきまで5m先がやっと見える状態だったのに、ちょっと下っただけなのに全然景色が違います。

確かにガイドブックにも峠を境に天気が変わることが多いとありましたが、ここまで違うとはsign03

道の駅で羅臼昆布やシマホッケ、浜茹での北海シマエビなどをお土産に買ってから、お昼御飯。

お店の人に勧められた(経営が同じだからだったけど)純の番屋というお店へ。31

“北の国から2002遺言”に出てくる純の番屋を再現したそうです。ドラマ見たけど、純の番屋ことを覚えていなくて、そういうシーンもあったんだなぁって思いながら入りましたcoldsweats01

327月中旬なのにストーブが焚かれてました。

33海が見える席で

私は刺身盛り合わせ34

ブータくんは三色丼 35

お魚も、カニのお味噌汁もとっても美味しかったですnote

 

海の幸を満喫した後は、国後展望台へ。

4この方向に国後島が見えるそうです。

41雪の残る羅臼岳も見えました。

国後島が本当に目と鼻の先にあるのに簡単に行けないことが不思議な気持ちでした。

 

ここから網走に戻るのに、来た道を帰るか別のルートで帰るか迷ったのですが、 知床峠からの景色が見たいとリベンジすることにsign01

ちょっとでも霧が晴れてくれたらsign01と祈る気持ちで横断道路を進んだのですが、進めば進むほど視界が悪くなっていく

5

そして知床峠はやっぱり真っ白でしたsad

知床峠からの景色は、また来た時のお楽しみとなりましたsweat02

 

そして知床五湖方面へちょっと寄り道。

6 61

これは、知床に入植した開拓者の居宅跡だそうです。

今でも過酷な環境なのに、何もないところから土地を開拓し生活をしていた方たちはどんなに大変だったんだろうと思います。

森林の中に笹などが広がっているのは、当時放牧などをしていた跡だと聞きました。

 

知床の自然や歴史をほんのちょっとだけですが知ることができて、本当に本当に嬉しかったです。

そして大自然に癒されましたconfident

後ろ髪を引かれながら知床を後にして、網走に向かいました7

71シカなどが道路側に出て来ないように、しばらく柵が続いていました。

海沿いの道を抜けると、一面の畑72

 

網走に着いたら、今度は現在の網走刑務所へ。

8網走川の向こうに、昔と同じ赤レンガの塀に囲まれた刑務所が見えます。

81 82

現在の門の方は立ち入り禁止になっていましたが、ここまでは観光客が入れるようになっていました。

向かい側には刑務所で作ったものを売るお店がありました。

 

行きは飛行機で50分でしたが、帰りは網走から特急で5時間半の長旅ですtrain

9駅弁を買って乗車。

91最初は開けた景色でしたが、

92徐々に線路の両脇近くに木が。

しばらくはよくシカが出る場所を走るそうで、急停車したり徐行することがありますとのこと。

そんなことがあるんだsign01と思っていたら、急停車shock

「線路内にシカがいたので急停止しましたが、幸い衝突はしませんでしたので、このまま出発いたします」

と。

ホントなんだ~。すごいな。

935時間半後、無事札幌に到着sign01

 

本当に充実した旅行でした。

ダイヤringじゃなく、旅行にして本当によかったheart04

また他の季節に訪れたい場所が増えました。

いつかまた、絶対に行きたいと思います。

ブータくん、知床旅行に行かせてくれてありがとう。

10年後も、元気にまたどこか行きましょ~heart04

« 10周年記念の旅②【知床クルーズ&知床五湖】 | トップページ | ERT療法 遠隔~リフレッシュ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10周年記念の旅②【知床クルーズ&知床五湖】 | トップページ | ERT療法 遠隔~リフレッシュ~ »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ