« ERT療法 ~SOS~ | トップページ | いろいろなその後 »

うぅぅぅ・・・

昨日の夜、晩御飯を作ろうと、キャベツを切っていた時のこと。

何がどうなってそうなったのかわからないのですが、指が切れました。

というより、爪と指が削げましたbearing

最初は「あっ、包丁がすべって切れた」と思ったのですが、切れたのではなく、削げていたのです。

左手の親指の先(なぜか人差し指側)が。

本来なら丸くカーブを描く指先の左端が、真っすぐにbearing

血が止まらず、夜間救急外来に電話をしたのですが、削げてしまった状態では縫うこともできないので、病院に行ってもできることがないとのこと。

とにかくしっかり止血をするように言われました。

ブータくんの帰りを待ちながら、手を心臓より高い位置に上げ、ガーゼで指先を押さえました。

 

帰ってきたブータくんは「どうしたん?どうしたん?」とビックリ。

そうですよね・・・。

嫁が血まみれのガーゼで指を押さえているのですから。

 

その後も止血を続けたのですが、夜中になってもジワジワと出血する指。

気になって眠るに眠れないまま、朝を迎えました。

 

幸い、出血は落ち着いていました。

いつもの私なら「自然治癒力で治る!治る!!」と言うところですが、今までしたことのない怪我に、自分自身が落ち着かなかったので朝一で病院に行きました。

後でこのことを友達に話すと「ポンタちゃんが病院に行こうって思うくらいだから、よっぽどだったのね」と言われましたcoldsweats01

 

まず総合病院の外科へ。

診察前に看護師さんが状況を見てくれて、前日問い合わせた病院の看護師さん同様、「切れているのではなく削げてしまっているから、これだと縫うこともできないので、外科では自然治癒を待つしかないですね」とのこと。

そして「外科よりも皮膚科の方が、きれいに快復できるようにお薬をもらえるかも」とのことで、皮膚科に回してくれました(総合病院でよかったflair

 

皮膚科の先生は「あら~、削げちゃいましたね」と。

そうです、削げちゃったんですcrying

「でも傷口がきれいなので、大丈夫でしょう」とのこと(スパッと真っすぐ切れてるからかしら)。

私が「削げたところは回復しますか?」と聞くと、「1週間くらいすると皮膚が落ち着いてくるでしょう。あとは時間がかかるかもしれないけれど、内側から盛り上がってくると思いますよ」と。

そして塗り薬が処方されたのですが、塗り薬を付け替える時は石鹸で指を洗ってからですと。

水がつくだけでも痛いのに、石鹸??

今は消毒薬はあまり使わないでそうです。治す菌まで殺してしまうので。

医療もどんどん変わっているんですね。

 

幸い痛みがそんなに強くないので、あとは自分の治癒力を信じて、よくなるのを待つばかりです。

それにしても年末の忙しい時に・・・トホホsweat02

« ERT療法 ~SOS~ | トップページ | いろいろなその後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ERT療法 ~SOS~ | トップページ | いろいろなその後 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ