« 初コストコ | トップページ | ERT療法 ② »

下顎膿瘍の経過は先生曰く「良くはなっていないけれど、悪いなりに現状維持できている」そうです。

今すぐ命にかかわる状態でもなく、エサを食べしっかり排泄しながら体重維持ができている今は、様子を見るしかないようです。

ケージから出ると元気に走り回っているので、この顎下の腫れさえなければ・・・と思います。

大きく切開して中の膿嚢を取って洗浄する治療法もあるのですが、完治する可能性は高くなく、麻酔をかけて手術をするリスクも考えると、今のまま毎週通って排膿してもらう方がいいのかなといつも迷います。

お世話になっている先生は、動物のことを一番に考えてくださるのですが、先生も手術をした方がいいかどうか・・・とても迷うとお話してくださいました。

先生もうさぎさんを飼われているので、失礼かと思いましたが聞いてみました。

「もし先生のうさぎさんが同じ状態だったら、どちらを選択しますか」と。

すると先生は「大きく切って、奥にある膿の袋を一気に取ってやりたいとも思うけれど、色々なリスクを考えると小さく切開して排膿する方を選ぶと思います」とのことでした。

それを聞いて私もブータくんも、今のムースの年齢や完治率の低さを考えて、しばらくは今の治療を続けていただく事にしました。

どちらにしても、ムースは大変だと思うのですが・・・。

 

今朝起きてムースに「おはようsun」を言いに行くと・・・

このポーズで待っていましたhappy02525

いつも大きなお皿には大好きな生野菜を入れていて、昨夜もたっぷり入れてあげたのですが、朝イチで「お野菜くださいなnote」と言われてる感じで笑っちゃいましたheart04

膿や歯の状態で固い物が食べづらくなっているのでペレット(固形エサ)はあまり食べなくなってきていますが、野菜があるとつられてペレットもよく食べてくれる気がします。

ペレット用の小さい器にペレットの食べ残しがほんの少しで嬉しかったです。

早速野菜をたっぷり。満足気に食べ始めたムース。

しっかり食べて体力つけて、元気にすごしてほしいです525_2 

« 初コストコ | トップページ | ERT療法 ② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初コストコ | トップページ | ERT療法 ② »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ