« 外に出ると | トップページ | 地震 ~備え~ »

地震 ~当日のこと~

この日の恐怖、不安・・・、一生忘れることはないと思います。

でも、何年もしたら薄れてしまう部分も出て来てしまうと思うので、自分の為にも記録として書いておこうと思います。

 

3月11日午後2時46分。

私は職場にいました。

「あ、揺れてるね」と言った途端、建物が大きく長く揺れました。

今まで経験したことのない大きな揺れ。

事務所にあったコピー機や印刷機が動き、自分のデスクを押さえながら立っているのがやっと。

はめ殺しの窓が割れ、吊り下げられた課の表示がブンブン揺れ、階段前の非常防火扉が閉まり始めました。

あまりの揺れの大きさに「扉が歪んでは大変だ」と、上司は扉を少し開けた状態で押さえてくれていました。

すぐに駐車場へ退避指示が出ました。外へ逃げても、足元からズンッという揺れ。目の前の建物が大きく揺れている。

恐怖でした。

車のラジオや携帯のテレビで情報収集をしていましたが、入ってくる状況は理解できないほど深刻なものばかり。正直わけがわかりませんでした。

家族に連絡を取ろうにも携帯がつながらない。

2時間ほどして揺れが少し落ち着いた頃に事務所に戻りましたが、固定電話が安定してつながるまでにはもう少し時間が必要でした。

 

関係各所への連絡等を終え、夜20時過ぎにようやく家に帰ることができましたが、途中のコンビニに寄ると、おにぎり・お弁当・パン・お菓子・カップ麺・水の在庫はゼロ。

何もありませんでした。

 

家に着くとエレベーターはストップ。階段を上がると同じ階の方が外に出ていました。

食器棚が倒れて、家の中にいるのが怖いとのこと・・・。

我が家はどんな状況か心配しながら家に入ると、食器棚が無事なのが目に入りました。

でも、電子レンジや炊飯器が床に飛んでいたり、カウンターテーブルが倒れていたり。

Photo

うちの辺りは震度5強。

それに加えてマンションの上階だったため、揺れ幅が大きかったようです。 

散乱したものを目の前にしばらく呆然としていました。

大きな余震が何度も続き、恐怖と不安で、コートは脱げずバッグも下ろせず。

いつでも外に出られる格好でテレビを見たり、友達にメールをしていました。

 

札幌と福岡の実家を介して、夫が無事なことを確認。

その後ようやくメールがつながり、歩いて帰っているとのことでした。

都内から埼玉の家まで約8時間歩いて、夜中の2時過ぎに無事帰ってきてくれました。

すぐに両方の親に連絡。

どちらの親も起きていてくれて、夫の無事の帰宅にホッとしたようです。

この日から数日は、何度も緊急地震速報が鳴り、それと同時に近くの役所からも「大地震が来ます。揺れに備えてください」と無線放送が流れました。

布団に入るのですが、寝ているようで眠れておらず、その音が鳴ると同時に飛び起きていました。

枕元には鞄と懐中電灯。万が一に備えて、パジャマではなく洋服で布団に入っていました。

 

電気とガスは通っていたので、テレビから情報を仕入れ、簡単な食事もとることができましたが、マンションの給水設備が壊れ、水が止まりました。

こういう時の為に水を買い置きしていたので飲み水や炊飯はできましたが、トイレは近隣のスーパーに行きました。

お風呂も入れる状況ではありません。

翌日マンション1階におりると、駐輪場のコンクリートが盛り上がり、マンション周りにあった花壇の土が落ちて大きな穴が開いていたり、色々な管が切れているのが見えました。

近所の一戸建てのおうちでは屋根瓦が落ちていたり、塀にひびが入っていたり。

他のマンションもマンション周りの土が下がっていたり、タイルが落ちているのがわかりました。

« 外に出ると | トップページ | 地震 ~備え~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外に出ると | トップページ | 地震 ~備え~ »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ