« 23,419歩 | トップページ | 片付け »

現実

内科の検診日でした。

2回の体外受精がダメだった後しばらくして内科系の病気が見つかり、それ以来不妊治療はお休みしていますが、そろそろ再開を・・・と思って先生に相談してみました。

すると。

「今の数値や投薬の状況では、妊娠できたとしても母子共にリスクが大きい。

パートナーとの子どもを望む気持ちはわかるが、生まれて来ても親に恵まれなかった子どもを育てて社会貢献するという選択肢もあるのではないか?」

と言われました。

リスクが大きいことは以前から聞いていましたが、最初の頃は数値がよくなれば妊娠も可能と言われていたので、とてもショックな返答でした。

でもこれが今の私の現実。

私も里親等を考えたことはあります。

でも、ただ子どもを育てたいというだけじゃなくて、妊娠出産を経て自分の子どもを授かりたい気持ちがある今は、可能性を信じたいのです。

先生に「今後状況が良くなれば、妊娠できる可能性はありますか?」と聞きました。

先生はちょっと言葉を選んで「ゼロではないですよ」と言ってくれましたが、積極的に頑張りなさいという言葉はありませんでした。

 

今できること、今頑張れることをひとつひとつ。

そして夫婦仲良く笑顔で過ごせる毎日を大事に。

そう思っています。

« 23,419歩 | トップページ | 片付け »

コメント

(*´v゚*)ゞこんにちは

心のダウンを長いことしていました。。。
今は前向きにと少しづつ生活してます。

たまには会って話したいですね!
近いうち予定を合わせましょうo(*^▽^*)o

こんな時間なのでここに書き込みしました。
あとで都合の良い日をメールしてくれたら嬉しいです。

すみません。
お名前がなかったので、どなたかわかりませんでした。
改めてお名前を書いてもらえると助かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 23,419歩 | トップページ | 片付け »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ