« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

外に出ると

この三連休は計画停電はありませんでしたが、極力電気を使わずに過ごしました。

雨で寒かったのでストーブをつけたかったのですが、灯油が切れていて・・・。

買いに行こうかとも思いましたが、厚着をすればなんとかなるものですねconfident

半纏、大活躍です。

それと、震災前よりかなり早くお布団に入るようになりました。

今までダラダラと生活して、たくさんの電気と時間を無駄にしていたんだなって気付きます。

でも。

言葉は悪いかもしれないけど、ダラダラと過ごした時間。それはそれで生活にも時間にも気持ちにも、全てに余裕があったからこそだと、それはある意味とても幸せなことなのかもとも思ってしまいます。

 

雨でしたが、ブータくんと外出しました。

傘をさしてご飯を食べに行きました。

いつもなら車や自転車で行くところですが、歩いて行っても全然遠くなかったcoldsweats01

 

その途中。

梅の木に花が開き始めているのをたくさん見ました。

木によってはもうすぐ満開。

そして、キラキラした木を見つけました。

321

写真だと伝わりづらいけれど・・・

雨のしずくがいっぱいついていて、とてもきれいでしたshine

感謝

連日計画停電が行われてきましたが、昨日今日の停電は見送られたそうです。

それでも節電が広まっていて、夜はいつもより暗いです。

それはそれで生活はできているので、今までいかに電気に頼り電気を使いまくっていたのかに気付かされる毎日です。

そんな中、昨夜は大きな揺れがありました。

少しずつ落ち着きつつあるように思いますが、長丁場になりそうです。

 

昨日、福岡の義母や義兄、友人から荷物が届きました。

乾電池、レトルト食品 等々・・・。

停電を避けて食事の支度をするようにはしていますが、仕事の都合等でどうしてもできない日があったり、強い揺れがあると火や包丁を使うのを躊躇してしまうので、本当に助かります。

停電中の揺れもあり、ロウソクで灯りを取るのは危険で懐中電灯やラジオを使っているので、乾電池も本当に助かります。

 

我が家の近所のスーパーの棚はどんどん空になっています。これほど空になった棚を見るのは初めてです。201103191231000

報道されているように、買い占めている人がいるのかもしれません。

でも、少なくとも私が見る限りでは買い占めているひとりも人はおらず、買い占める以前に物が無いというのが現状な気がします。

物流が滞っているのが原因らしいので、それが復旧すれば落ち着くのでしょうが・・・。

 

被災地の復旧と原発被害を食い止めようと命を張って頑張ってくれている多くの方に感謝しながら、私も自分の心身を整えつつできることからやっていこうと思います。

人の力

人の力ってすごい。

自然の脅威・猛威には勝てないけれど、そこからみんなで立ちあがろうとする力がすごい。

昨日、職場にボランティアや救援物資提供の問い合わせが続々と入りました。

想像していた以上にたくさん。

直接窓口に来てくださった方もたくさん。

でも、現地の状況がわからないまま素人が向かうことはできないし、個人単位での救援物資の送付は受け入れる側の労力を余計に使ってしまうことにもなりかねません。

「何か少しでも・・・」という大きな気持ちがわかるだけに「受け入れ未定」とお答えするのが申し訳ないのですが、これも大事なこと。

でも、もう少ししたら、きっと色々なことが整理され、何か力になりたいという気持ちを形にしていくことができると思います。

 

私たちが住む地域では、大きな被害はありません。

でもやっぱり通常通りの生活とはいかず、みんなそれぞれ疲れが出始めています。

小さな揺れにも敏感になり、身構えます。

みんな自分が思っている以上に、緊張した状態で過ごしています。

日記にも書きましたが、まだ恐怖や不安が強く、被災地の方に比べれば・・・と思いながらも弱音を大きな声で吐き出したくなります。

それでも「東北の皆さんの力に」と連絡が入る。

職場だからガマンしていますが、涙が出そうになります。

 

 

ウルトラマンからの子どもたちへのメッセージにも、涙が出ました。

「きみのことは、ぼくや、みんながまもるよ。きょうはゆっくりおやすみ。」

今日もうちの上空を自衛隊のヘリが飛んでいきます。

いつもはどこへ行くのかあまり気にしていませんでしたが、ここ数日はみんな同じ方向へ飛んでいきます。

きっとあちらが福島や宮城なんだ・・・。

自衛隊の皆さんだって、日頃から訓練しているとしても実際の救援は本当に大変だと思います。

ヘリの姿を目で追いながら「頑張ろう。みんなで頑張ろう」って思います。

人の力はすごいんだ~rock

今のこと

節電しなきゃいけないのはわかってるけど、どうしても落ち着かず書き込んでいます。
 
 
昨日、計画停電がありました。
懐中電灯やラジオの用意はしていましたが、予告されていた時間に始まらなかったので中止になったのかと思った頃、19時に突然電気が消えました。
 
 
そして夜の静岡の地震。
うちも大きく揺れました。
震度はそんなに大きくないのかもしれませんが、揺れの恐怖が消えません。
 
揺れてないのに揺れてる感覚が抜けず、いつも鴨居にかけてある服を見て揺れを確認しています。



被災地の方は暗闇と寒さの中、そして大きな余震の中でどれだけの恐怖を味わっているのか。

考えただけで胸が苦しくなります。



私は家も命も家族もいて、日中は仕事にも行って、食べ物も確保できていて。

家族や親せき、友達、先輩から「大丈夫?困っていることはない?何か足りないものがあったら送るよ」という連絡もたくさんいただきました。

感謝の言葉しかみつかりません。 
 
 
 
 
私の状況で「怖い、怖い」と言うのは甘いのかもしれません。

でも、東北、茨城、長野、新潟、静岡。

今までの震源の地震、全てでうちも大きく揺れました。
原発も、200kmくらい離れているとわかっていても、報道を見ると不安が募ります。
 
 
 
でも「怖い」「不安だ」ばかり言ってちゃいけないんじゃないかって、苦しくなります。



被災地の方が笑顔で「頑張ります」って言ってる。
「お風呂に入れないけど、それはみんな一緒だから。私だけじゃないから」って子どもが言ってる。
 
 
 
テレビでは被災地の映像ばかり。
 
目を背けちゃいけない。

でもこればかり見ていたら、私自身がきつくなる一方で・・・。
 
被災地から遠く離れた人にも、こういうパターンでうつ症状が出ることがあると聞きました。
 
去年から不安が大きくなりやすい私も、陥りやすいタイプなのかもしれません。
 
本当に緊急の事態が起きたら、ニュース速報が入るでしょう。

少し自分の心身を整える時間も作りたいと思います。

地震

メールをくれた皆さん、ありがとうございました。

私も夫もウサギも無事です。

地震が起こった時、いつも通り職場にいました。

「あっ、地震だね~」と言い合った直後、大きく長い横揺れが始まりました。今まで経験したことのない大きな揺れでした。

テレビで見たことがある、コピー機が動く、窓ガラスが割れるという状況を目の当たりにしました。

机の下に隠れた方がいいと思っても、踏ん張るのが精一杯なのと恐怖で動けませんでした。

揺れが落ち着いた後、建物の外へ避難。しばらく外で待機したのですが、何度も何度も地面がズンッと動く感覚。恐怖でした。

その時は「大きな余震が続いている」と皆で思っていましたが、その後の報道で別の地震がいくつも起きていたことを知り、本当に驚きました。

事務所の固定電話も自分の携帯もなかなかつながらず、夫をはじめ家族と連絡が取れず不安でいっぱいでしたが、しばらくすると固定電話が使えるようになり、実家や義母と連絡が取れ、夫もそれぞれの実家に連絡入れていたので、そこで初めて夫の無事が確認できました。

車通勤で、家までの道も大丈夫だったので、20時過ぎに帰宅。

途中、コンビニに寄ったのですが、すでに水やおにぎり・パンなどは品切れ。

こういう時の為にと思って2Lの水を1ダース買ってあったのですが、まさか本当に“こういう時”が来るとは夢にも思っていませんでした。

非常持ち出し袋も、準備はしながらも「まぁ、使うことはないだろうけど」とどこかで思っていました。

家に着けばホッと一息つけるかと思ったのですが、「ひとり」という新たな恐怖に襲われました。

この頃夫の携帯とようやくつながり、家に向かって歩いているとのこと。

40キロ近い道のりを歩いて帰り始めていました。

夜間の長距離歩行は危険だと報道されていましたし、夫のことを考えるとどこか安全な場所で泊まってほしいとも思いましたが、心のどこかで「帰ってきて」と正直思っていました。

家にひとり。そして何度も鳴り響く緊急地震速報と頻発する余震の恐怖でいっぱいでした。

その後、たくさんの友達から「大丈夫?」とメールをもらって、「私がここにいるということを誰かが知ってくれている」ということにホッとしつつ、夫の帰りを待ちました。

家の中は、大きな家具は地震対策をしていたのですが、台所の電子レンジ台やカウンターテーブルが倒れ、電子レンジや炊飯器、調味料などが散乱していました。

 

夜の2時すぎに夫が帰宅。疲れきっていましたが、怪我無く無事だったこと、8時間近くも歩いて家を目指してくれたことに本当に感謝しました。

今も時々体に感じる余震がありますが、東北の惨状をテレビで見ると、怖い怖いとも言っていられないと思います。

うちはマンション6階なので、1階よりも揺れ幅が大きいのか、船酔いのような感じで気持ちが悪いです。

でもそれ以外は食べ物も確保できていますし、昨日は壊れていたマンションの給水タンクも正常になり、トイレもお風呂も入れるようになりました。

比較的、非常時の対策は取っているつもりでしたが、今回のことで、良かった点と足りなかった点が見えました。

落ち着いたら、もっときちんと対策を考えておきたいと思いました。

もちろん、二度とこういうことが起こらないことを祈りつつ。 

 

まだまだ「大丈夫」と言うには早いですし油断できない状況が続いていますが、ひとまず私たち家族は無事に過ごしています。

なかなかお返事できなかった方もいたので、この場でご報告です。

ご心配かけました。

でも「大丈夫?」のメールが本当に温かく、ひとりの恐怖から救われました。

本当にありがとうございました。

片付け

「ポンタさんのおうちってきれいそうですよね」と職場で言われました。

職場ではできることはちゃんとやってるつもりですが、家は・・・coldsweats01

ご飯を食べてすぐにお茶碗洗うの苦手だし、洗濯物も取り込んでたたむまではいいけどタンスに持って行くの面倒だし、すぐに手の届くところに色々置いてあると便利だし・・・

という感じsweat01

 

でも今日は来客があったので、片付けましたshine

以前父が住んでいた時の状態を知っている方なのですが、「いや~、前と違うおうちみたいですね。こんなこと言ったらお父さんに怒られちゃいますけどcoldsweats01」と。

確かに父はチャゴチャが住んでいた時より物は少ないし、雰囲気も違うのですが、何より頑張って片付けた甲斐があったなぁsmilescissors

 

ただ・・・この部屋の状態をずっと維持する自信がありません。

きっと数日経ったら・・・sweat02

毎日誰か来てくれたら維持できるかなぁcoldsweats01

現実

内科の検診日でした。

2回の体外受精がダメだった後しばらくして内科系の病気が見つかり、それ以来不妊治療はお休みしていますが、そろそろ再開を・・・と思って先生に相談してみました。

すると。

「今の数値や投薬の状況では、妊娠できたとしても母子共にリスクが大きい。

パートナーとの子どもを望む気持ちはわかるが、生まれて来ても親に恵まれなかった子どもを育てて社会貢献するという選択肢もあるのではないか?」

と言われました。

リスクが大きいことは以前から聞いていましたが、最初の頃は数値がよくなれば妊娠も可能と言われていたので、とてもショックな返答でした。

でもこれが今の私の現実。

私も里親等を考えたことはあります。

でも、ただ子どもを育てたいというだけじゃなくて、妊娠出産を経て自分の子どもを授かりたい気持ちがある今は、可能性を信じたいのです。

先生に「今後状況が良くなれば、妊娠できる可能性はありますか?」と聞きました。

先生はちょっと言葉を選んで「ゼロではないですよ」と言ってくれましたが、積極的に頑張りなさいという言葉はありませんでした。

 

今できること、今頑張れることをひとつひとつ。

そして夫婦仲良く笑顔で過ごせる毎日を大事に。

そう思っています。

23,419歩

2月最後の土曜日。

頼まれごとがあって馬喰町の問屋街に行ってきました。

たくさんのお店が並んでいたのですが、入口には“一般客お断り”“小売していません”の表示ばかり。

歩くと時々「小売しています」「一般の方もお買い物できます」という表示を見ましたが、本当に少ないsweat01

今回大量に必要な物があったのですが、一般の買い物になってしまうので断られたお店もありました。幸い、数が大量なのでと引き受けてくださったお店があり、無事に買い物を済ませることができましたdash

 

買い物が終わって少し歩くと、スカイツリーが見えましたPhoto

こんな風に見えたら「少し歩いたら着くかな」と思えてしまって・・・・ブータくんとてくてく開始shoeshoe

この日はお天気がよくポカポカしていたので、とても気持ちよく歩けました。アップダウンもほとんどなく、人通りもそんなに多くなくて。

次の日が東京マラソンだったので、ところどころで準備の看板などを目にしながら歩きました。

スカイツリーが見える方向に向かって歩くこと1時間。

最初は1時間も歩けば着くかな~と楽しく歩いていたのですが、まだ着かないsweat01スカイツリーは見えてるのに、なかなか近づかない。

その後もてくてく歩くこと1時間Photo_2

ようやくこのくらいの距離まで近づきました。

そしてさらに 歩く事30分強。

到着~happy02Photo_3 この日は594m。

本当に大きいなぁと思ったんですが、思った以上にスリムなことがビックリでした。

ビックリと言えば、 スカイツリーを見上げていたらテレビカメラを持った人とスタッフらしき人が歩いてきて「どこかの取材なんだろうな」と思って見たら、なんと気象予報士の天達さんがsign03

天気予報&気象予報士さん大好きな私は大興奮happy02

でもとても自然な感じでスタッフさんと歩いていたので、周りの人はあまり気付いていないようで・・・。でも私、勇気を出して「握手してくださいsign01」とお願いしちゃいました。

そうしたら「いいですよ~」と快く手を出してくださって。嬉しかったですheart04

この後、浅草に寄りました。スカイツリーから歩いて30分くらい。

ビール会社のビルとスカイツリーが並んで見えましたPhoto_4

この日の携帯の万歩計。

歩行時間:3時間21分20秒

歩   数:23,419歩

歩行距離:14,988m

でしたsmile

3月

3月ですねcherryblossom

早いな~。

でも昨日は雪がちらつく寒さでした。本格的な春まではもうちょっと時間がかかりそうです。

ブータくんの異動はあるのかな?

とっても気になる季節です。

 

ここ数日、ちょっと不安定な気持ちでしたが、今日から3月。

気持ち新たに頑張ろうsign03

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ