« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

夏のムー物詩

こんにちは。

ムースです201007270959000

ブータパパとポンタママに心配をかけたけれど、だいぶ元気になりましたclover

ボクが好きだから・・・とキャベツを買いに走ってくれたり、エアコンを効かせてくれたり。

毎日二人にお薬を飲まされるのはイヤで逃げたくなるけど、「ムースの為なのよ。早く元気にな~れ」となでなでしてくれました。

大好きなキャベツやニンジンもちょっとしか食べられなくて、ウンチもおしっこも少なかったけど、昨日からお野菜だけじゃなくてペレット(固形エサ)も食べられるようになりました201007290709000_2

食事姿を見られるのは、ちょっと照れます201007290709001_2

ご飯を食べられるようになったら、ウンチも大きくなりました●●

ポンタママは泣きそうな顔で「よかった~」って言ってくれました。

そして暑さに弱いボクの為に、今年も氷ペットボトルを入れてくれました201007290725000

毎年のことなのに、「なんだこりゃ?」って思ってしばらく蹴飛ばしまくっちゃうけど、 一呼吸おくと「あっ、冷たくて気持ちいい」って気付きます。

敵じゃないってわかれば、仲良しnote 添い寝すると気持ちいいんだよ~201007290710000_2

今年の夏も元気に乗りきらなきゃsign01

初点滴

帰省中、いつものように動物病院のペットホテルにムースを預かっていただきました。

もう何年もお願いしている病院で、先生と看護師さんがとても丁寧で信頼していますconfident

でも、今回はとてもにぎやかなワンちゃんが同じ時期にお泊まりしていたようで、ムースにはかなりのストレスだったようですsweat02

毎回環境が変わることでちょっぴり痩せて帰ってくるムースですが、家に帰ると食欲も体重も戻っていたので今回も大丈夫だろうと思っていたのですが・・・家に帰ってからも食欲はなく、ウンチも小さいものしか出ません。食べる量が少ないからウンチも少なく・・・。

心配だったので、改めて病院で診ていただきました。

Nec_0032 病院、ちょっと苦手sweat02

201007270951000_2 帰りたいよ~(前足の出し方オッサンっぽいよ)

前述のワンちゃんがかなりの曲者らしく、先生や看護師さんも「正直早く帰ってくれないかな~って思うくらい吠えるんですよ・・・sweat02」とのこと。

そりゃムースもきつかっただろうな・・・。

このまま体重が落ちてしまうと危険なので、まずは水分とお腹の中を動かすお薬を点滴することになりました。

初めての点滴。

もう私の方がドキドキですbearing

先生から「点滴が終わったらお呼びしますので、待合室でお待ちくださいね」と言われたのですが、「初めてなので見ていてもいいですか?」と聞きました。

すると「いいですよhappy01」とのお返事。ホッとしました。

点滴と言っても、管をさしてじっとしているのではなく、背中に針を刺して、それにつながったチューブにコントのような大きな注射器から輸液を注入していくものでした。

一時的に背中がブヨブヨしますが、重力で徐々に輸液が脇腹の方に下りていき、そこから体内に少しずつ吸収されるのだそうです。

何をされるかわからないムースはちょっと興奮していましたが、後半はじっと先生に抱っこされていました。

終わったムースを触ると、やっぱり背中の辺りがブヨブヨしていましたが、これで水分や栄養が補給されて少しでも元気になってくれれば・・・その一心でした。

201007270959000_2 終わった?帰ろ!

201007270952000_2 わし、頑張ったで~sign01

家に帰ってからもペレットは食べず、大好きなキャベツやニンジンも少ししか食べませんでしたが、朝になると生野菜は空になっていて、ウンチも大きくなっていましたhappy01

まだ服薬が続きますが、早く元気になってくれるといいなと思います。

福岡帰省 後半

帰省後半は、友達に会いに行きましたbus

まずは2ヶ月前に出産した親友宅へ。

一緒に行った友達と天神で待ち合わせして、ちょっとお買い物をしてから、お昼のお弁当やデザートをお土産に出発。

二人とも久しぶりに会ったのですが、時間も距離も感じませんでした。

やっぱり友達っていいな~heart04

出産まで色々あったので、無事に生まれて本当によかったconfident

赤ちゃんと友達の顔を見たら涙が出そうでした。二人とも元気で、本当に本当によかったconfident

いっぱいいっぱいおしゃべりして、気付けば外は夕暮れ。楽しい時間は本当にあっという間でした。

会う前からお互いに体調を崩した時期があるという話をしていたのですが、みんな原因はストレス。

そしてそのストレスの原因は・・・家族のこと。

私たち、そういうお年頃なのでしょうかsweat01

でもお互い「みんな一緒だね~」と。 なんか、安心しましたcoldsweats01

年に1回会えるかどうか・・・という距離ですが、mailmobilephoneもあるし、会えばすぐにいつものように話せるし。

そういう友達がいることが本当に幸せだな~と思った時間でしたheart04

 

そして、その次の日も短大からの友達に会いに小倉へ。

ここは私たちが転勤前まで住んでいたところ。見慣れた景色に知っている道。

今住んでいるところよりすいすい歩けます。

でも・・・新しいマンションやお店が増えていて、ちょっぴり浦島太郎気分でしたsweat02

ここでもやっぱりおしゃべりしていると時間があっという間に過ぎていて、電車に乗ったのは22時前。

しゃべり足りなかった分は、また今度のお楽しみですheart04

 

連日「行っといで~。楽しんでおいで~」と送りだしてくれたブータくん&義母に感謝ですhappy01

残りの日は、実家の近所で過ごしました。

そうそう。

義母がやっているパークゴルフにも挑戦してみましたgolf

普通のゴルフと同じく18ホールあるんですが、1ホール50mくらいで、ボールはにぎり拳大。クラブは1本。

傾斜が付いていたり、小川が流れていたりとほどよい難関コース(?)もあって、おもしろいhappy01

日差しを遮るものがあまりなく暑かったですが、芝生の上を歩いているととても気持ちがよかったですhappy02

義母と義母のお友達とブータくんと4人でまわったのですが、とっても楽しかったですPaku  (あまりの太さに自主規制sweat02

ちょっとハマってしまって、翌日もブータくんと二人でプレイしてきましたnote

でもここ・・・。

201007220937000航空自衛隊の基地がすぐ近くにあるので、頭の上を戦闘機が轟音を立てて飛んでいきます。着陸前の飛行機はかなり低空なのでちょっと怖いです・・・sweat02

 

帰りはいつものように北九州空港から。

201007241135000 海上空港で、見晴らしがよくて、滑走路が2本しかなくて・・・。こじんまりした小さな空港ですが、新婚旅行で行ったフィジー国際空港と雰囲気が似ていて(この景色だけですが)好きなんです。

最後にとんこつラーメン食べました201007241155000_2

福岡帰省 前半

いつものように動物病院にムースを預けて、福岡へ帰省してきましたairplane

201007171021000_2 ボク、お利口にお留守番できるよnote

今回も1週間の帰省で、時間はたっぷりあるような感じがしていましたが、スケジュールを立ててみると時間が全然足りな~いcoldsweats02

会いたい友達がたくさんいたのですが、全員に会えなくて残念でしたsweat02

 

帰省直前、福岡は豪雨に見舞われ、見慣れた街が水浸しになっているのをtv見て心配していましたが、幸い実家や友人には大きな被害が無く安心しました。

飛行機から見る久しぶりの福岡は、海があって川があって山があって・・・。それだけでホッと心が癒されましたconfident

 

まずは三連休に次兄一家と義母と一緒に別府201007181055000_3

201007181154000_2 途中、中津城にも寄ってみました。

高速から見える別府湾、家々の間から上がる湯けむり・・・etc.

福岡にいた時にはよく遊びに行っていた景色ですが、久しぶりに見ると何とも風情があって、ホントいい景色~ heart04

1泊してみんなで色々話をしたり、温泉に入ったり、大分名物 とり天&豊後牛などなど美味しいお料理もいっぱい食べて、ゆったり過ごしました。

201007191017000_3 次の日は“うみたまご”へ。 

201007191019000_5  お猿で有名な高崎山の麓にある、水族館です

201007191050001_2 どこかにカレイが隠れています。

わかりますか??wink

答えはコレ↓

Photo_2

201007191144000_2 イルカのショーを見たり・・・(水しぶきのプレゼントがものすごくて、みんなビチョビチョsweat01

201007191035000_2 トドやセイウチのショーを見て・・・

201007191306000_2 最後はこのセイウチやトドに触ることもできて・・・(思っていたよりもやわらかくて気持ちよかったです)

楽しい旅行になりましたheart04

感謝

35歳になりましたバースデー

帰省の間に、義母や義兄、そして友達に一足早くお祝いしてもらったので、今日はブータくんと食事に行ったくらいでのんびりな一日です。

30歳になった時は「30代、長いなぁ」って思いましたが、何だかあっという間に時間が過ぎている気がします。

高校生の頃は自分の母と同じように

23歳で結婚して・・・
24歳で一人目を出産して・・・
26歳で二人目を出産して・・・

と思っていたので、35歳になった今年はもう小学生の子どもがいると思っていましたあせあせ

思い描いていた人生とはちょっと(かなり?)予定が変わっていますが、今までの34年間の人生は色々ありつつもほどよい幸せの中にいたな~と思うので、これから先の毎日もそうありたいな~と思いますconfident


愛情いっぱいに育ててくれた両親に
ケンカもするけど、毎日幸せに過ごさせてくれているブータくんに
「大丈夫、なんとかなるよ~」と言ってくれる妹に
かわいい笑顔で「大好き」と言ってくれる姪に
実の娘のように大事にしてくれる義母に
癒しをくれるムースに
温かい言葉をかけてくれる先輩方に
いつも支えてくれる友人たちに

感謝ですclover

夏の恒例イベント

この夏も連休を取って、帰省します。

今回はブータくんの実家へairplane

先日の水害では、実家も友達にも大きな被害がなくて、本当に安心しました。

 

義母と義兄一家と1泊旅行も計画しています。

出産した友達のお祝いにも行きます。

他にも会いたい友達もたくさんいるし、行きたい場所もたくさんあるんですが、限られた日数なので、すべては難しく・・・。

毎回これが悩みの種ですsweat02

結婚したら、自分の都合ばかりでは動けなくなるのは、仕方がないですね。

でも帰省も今回限りということではないので、次回こそsign03の楽しみにしたいと思います。

 

梅雨明け間近。

暑いだろうな~sweat01

う゛~~~~(>_<)

金曜日に、前に予約を入れていた“心の相談”というのに行ってきました。

しばらく調子がよかったのでキャンセルしようかなとも思いましたが、公的なところで行われていて無料だし、とりあえず話をするだけでも何か見えるかもと思って。

男性の臨床心理士さんが話を聞いてくれて、以前メンタルクリニックでも言われたように「家族の世話をするということに依存していると思う」と言われました。

また同じことを言われたので、「やっぱりそうなんだな・・・」と思ったのですが・・・

この臨床心理士さん、私には合わなかったdown

一方的に話を聞いてもらえたらいいと思っていたわけではないので、色々な意見を聞けたことはよかったと思いたいのですが、相談中のやり取りが悲しくなるような状態でした。

心理士「では、どういうお話か聞かせてください」

私「主人が適応障害と言われて・・・・私も以前病名こそつかなかったものの不安定になって、今も月に1回くらいそういうことがあって・・・」

と始まり、時系列に沿って話をしていたのですが、途中でその先生が席を立たれた後のことでした。

心理士「すみません。で、それからどうなったの?」

私「それから、●●になって・・・」

と話した時、私が少し話を飛ばしてしまったのですが、すぐさま

心理士「何でその話になるの?途中は?」

と少し強い口調で言われたんです。

ハッと気づいて話を戻したのですが、急に不安になりました。

その後も家族の話をすると、首をかしげながら

「いや~、それはおかしいよね。普通に考えたら。そう思わない?」

と家族の関係を否定されるようなことばかり言われて。

その後も、「あなたとお母さんの関係はどうなの?」と聞かれたので、「いいと思います」と答えると「いや、そうじゃなくてさ~」と鼻で笑うような感じで言われてしまいました。

「他の親子はわかりませんが、普通の関係だと思います」と言うと、「普通とかいいですとか言われると、逆に関係が悪いように思えちゃうんだよね」と苦笑い。

 

なんか、疲れちゃいました・・・。

第三者から見て思うところは色々あるのかもしれませんが、こちらの気持ちを受容した上での言葉は全くなかったんです。

前に心療内科に行こうと思った時に「合わなければ先生を変えていいんだよ」とアドバイスをもらったことは、こういうことなんだって思いました。

心療内科の先生は「そうですか。そうだったんですね」と言う言葉の後に「でも、こういう考えもあります」と話してくださったので、悲しい思いはしませんでした。

 

せっかく安定していた気持ちを逆に不安にさせられてしまって・・・。

週末はブータくんにもこの気持ちをぶつけてしまってケンカの連続・・・。

残念で仕方がありませんweep

ラクーア

踊る大捜査線を見た後、東京ドームの隣にあるラクーアに行ってきましたspa

「父が入院した時に色々頑張ってくれたから」と、母から私たちへのプレゼントpresentです。

ブータくんは比較的会社から近いので、ドーム近辺には何度も行っていますが、私は初めて。

野球以外でも色々楽しめそうな場所でした201007031833000 201007031833001

ラクーアでは岩盤浴をしたり、広いお風呂に入ったり、ドームを見ながらのんびりくつろいだり・・・。

気持ちの良い時間を過ごしましたconfident

ドームでは夕方から巨人×阪神戦があったようで、それぞれのユニフォームを着た人やメガホンを持った人が行き交ってました。

 

ブータくんの転勤でこちらに来て5年半。

まだまだ行っていない場所がたくさんあるので、いろんなところに足をのばしていきたいなと思いますnote

続・踊る小ネタ

映画の最後のエンドロール。

そこで帰ってしまうお客さんもいますが、私は最後まで見る派です。

もちろん今回の踊るも最後まで見たのですが、誰一人立たなかったんですよ。

すごい!と思いました。

さて。

エンドロールの小ネタを。

たくさんのスタッフさんのお名前が出ていたんですが、ヘアメイクさん紹介がこんな感じだったんです。

ヘアメイク 〇● □■(それぞれお名前)

       〇□(織田裕二)

       ■●(深津絵里)

       ◎◆(稲垣吾郎)

 

えっsign02 吾郎ちゃんsign02

主役の役者さんにヘアメイクさんがついているのはわかるのですが、吾郎ちゃんもsign02

さすがsign03

SPドラマの中でヘアメイクにかかる時間を聞かれ、役ながらも「3時間・・・」と答えていたのを思い出して、思わず「ププッ」happy02

エンドロールで笑ったのは初めてかもしれませんcoldsweats01

 

それと、【Special Thanks  ネットワーク捜査員】と出たのは嬉しかったですheart04

こちらこそ色々な形で参加できて、「ありがとう」ですheart04

 

OD3\(^o^)/

踊る大捜査線3が公開されましたmovie

前売り券を買っていたので、それを持って前日に映画館へ。

朝一番の回の、後方中央の席を確保してきましたgood

 

当日は朝一番の回にも関わらず、ほぼ満席note

さすが踊るは人気があるのねぇ~heart04

 

和久さんが映画の中でも亡くなっていて淋しかったですが、踊るテイストたっぷりな内容で、笑いあり涙ありの映画でした。

ドラマや今までの映画からの伏線もたくさんちりばめられていて、思わずウフフとほほ笑んでしまう場面もたくさんありました。

そうそう。

踊ると言えば、ナンバープレートsign01

今回もしっかりチェックしてきましたwink

 

そして。

エキストラに参加した私たちは、その場面になったら映画の内容よりも自分たちを探すのに一生懸命coldsweats01

「この場面知ってる~happy02

「このセリフみんなで叫んだ~happy02

映画館なので話はできませんが、2人でアイコンタクトしてました。

なかなか見つけられずに「やっぱりそんなに簡単には映らないよね」と思っていたんですが、ちょこっとした場面に私たちらしき人物を発見sign03

この時ばかりは小声で

「いたsign01いたsign03テントの前sign03

とブータくんに知らせたんですが、ブータくんは結局分からず・・・。

も~~~~っimpact

せっかく映ってたのに、なんでわからないの~~~sweat01

もう1回観に行かなきゃwink

 

夜はすみれさんと同じく、湾岸ラーメンを食べましたnote

201007032032000

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ