« 回復力 | トップページ | BIG!! »

気持ちの持ちよう

TVにリハビリのプロの方が出ていたので、父のこともあって、今までとは少し違う気持ちと視点で見ました。

病気で体が不自由になってしまい命を捨てたいと言っていたAさんが、生きがいを見つけ、誰かの役に立っていると実感したことで生き生きと前向きになったというお話がありました。

Aさんは「私は病気になってよかった」とおっしゃったそうです。

出演者の方は涙を流してお話されました。

私もAさんが生きがいを見つけ、生きる力を持たれたからこその言葉だと思って聞きました。

 

その言葉が本心だったら、Aさんは本当に強い方だと思います。

病院でたくさんの方を見て、やっぱり「病気にならなかったら、行きたいところに行って、食べたいものを食べてという、極々普通のことができていたんだろうな」と思うからです。

でも、「普通=幸せ」だと思っているわけではありません。

私は時々強がりを言います。

「お子さんは?」

「いないんです」

「じゃあ、夫婦で自由に動けていいわね」

「そうですね。子どもがいたらできないこともたくさんあるでしょうからね

強がりです。

本当は「子どもがいるからこその経験がたくさんあるんだろうな」と思います。

私は「治療をしたからこそ、気付いたことがたくさんある」と言うことがあります。

これは本心です。

でも、少し強がりです。

普通なら知らずに済むような、痛みや悲しみもたくさん経験したから。

治療を知らず、普通に子どもを授かれるほうがいいに決まってる。

そうも思います。

だから、辛い状況になってしまったことを「よかった」と言えることがすごいと思いました。

 

ちょっと斜に構えて見てしまった感もありますが、最後には「今の自分を大事に頑張ることが一番」

そう思った時間でした。

« 回復力 | トップページ | BIG!! »

コメント

自分が病気になって初めて分かることって、いっぱいあると思います。
私も、自分が不妊にならなければ、子供がいない夫婦の心の内は、一生分からなかっただろうと思います。
私は、不妊になったことで、たくさんのことが学べたと思っています。
もちろん、辛かったこともたくさんあります。
でも、それ以上に、主人や周りのサポートがどれだけ私の支えになっているかということに対しての感謝の気持ちが持てたり、主人のことだけでなく、自分の健康にも目を向けるようになりました。
健康であることのありがたさも実感しています。
子供がいたら幸せか?と言ったら、それは分かりません。
傍から見ていると、子供のいる家庭がとても幸せそうに見えるかもしれませんが、何にも苦労が無くて、辛いことが無くて、のほほ~んと暮らしている人なんているのかな?と私は思います。
少しぐらいの強がりを言えるようじゃなきゃ、母になってもやっていけませんよ!
言われたことを真に受けていたら、何もプラスになりません。
強がりを言えるだけ、ポンタさんが前向きだっていう証拠です。
グッジョブですよwinkgood

★orangeさんへ

ありがとうございます。
強がりを言えるだけ前向き。
そう言ってもらって、気持ちが楽になりました。
治療を通して、私も周りの人にたくさんたくさん支えてもらってることを実感してきました。
時々母からもorangeさんが書いてくださったのと同じように「子どもがいることで悩んだり苦しむこともたくさんある。子どもがいることが幸せばかりとは限らないのよ」と言われます。
私はAさんのように「病気(治療をすること)になってよかった」とは言えませんが、「治療を通して色々なことが知れてよかった」ですbud

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 回復力 | トップページ | BIG!! »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ