« Let's go 澳門! | トップページ | Enjoy Hong Kong!! »

Enjoy Macau!

2日目の星期一(=火曜日)は世界遺産ウォーキングツアーshoeshoe

朝ごはん(バイキング)で本場のおいしいお粥を食べ、元気をつけてから参加しました。

あまりの蒸し暑さに、4香港ドル(1ドル=13円でした)のお水をホテル近くのセブンイレブンで買って、準備完了sign01

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

ちょっとここでミニマカオ情報をmemo

マカオはもともといくつかの島だったそうですが、埋め立ての連続で島がつながり、今では土地が3倍になっているそうです。現地ガイドさんが20数年前に来た時と、海岸線が全く違うと言ってました。

そして、以前は個人個人の土地所有が許可されていましたが、1999年にポルトガルから中国に返還されてからは国の管理になり、今どんどん建てられている大型ホテルなどは、国から土地を借りてその上に何千億とかけてホテルを建てているそうです。

(そのホテルなどを作る足場は何とhappy02地上何十階もあるのに。ジャッキーチェンが映画でブラ~ンとぶらさがってるシーンは嘘じゃないsign03と思える光景でした。)

マカオタワーも、土地は国。タワーそのものは個人所有だとお話してくれました。

香港と同じく特別行政区(司法・立法・行政の自治権はマカオにある)で、マカオ内のみで使える通貨のパタカとアボスがありました。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

さて、この日のツアーはスタートのバラまでのバス移動で始まりました。

バラ広場ももともとは海沿いだったそうですが、今は海とバラ広場の間に道路が走っていました2008_1027_103408pa270040奥に見える白い建物は、海からの入口の名残だそうです。

マカオは建物だけではなく、こういう広場も含めたエリアが世界遺産なので、ちょっと油断するとすでに足元が世界遺産だったりしますcoldsweats01

その後、媽閣廟へ。これは航海の女神「阿媽(アマ)」を祀ったマカオ最古の中国寺院で、中国語だと「マァコッミュウ」と発音するので、マカオの地名の起源と言われているそうです。たくさんのお線香、特に天井からつるされた円錐状のお線香が印象的でした2008_1027_103437pa270041 2008_1027_103203pa270039

その後、港務局2008_1027_105446pa270051 、そして教会2008_1027_111940pa270059 2008_1027_112052pa270060 2008_1027_125358pa270074 広場2008_1027_121236pa270067_2  2008_1027_124127pa270070 を回りました。マカオは中国ですが、教会はどこもポルトガルの文化で、ピンクや黄色に塗られた漆喰のきれいな建物ばかりでした。

でもそこから少し目をずらすと、中国らしい雑然とした街並みがありました2008_1027_103930pa270044

こんなかわいらしい街並み2008_1027_110709pa270055や案内表示2008_1027_110217pa270053 もあちらこちらに見られます。途中、こんなものも見つけました2008_1027_121045pa270066 犬のトイレdogここでしているかどうかは・・・わかりませんcoldsweats01

そして約4時間歩き回った最後、かなりグッタリ(熱中症になりかけてたと思いますsweat02)した状態でたどりついたのが、聖ポール天主堂跡2008_1027_131407pa270075

ここはテレビなどでもよく見ていたので、ワ~ッhappy01と思いました。そして、最後の最後に階段で上がっていくのにも、ウワ~ッsweat02と思いましたcoldsweats01

火災で建物の前面しか残っていませんでしたが、当時(日本だと関ヶ原の合戦くらい)これだけの大きな建物を築いたのはすごいなと思います。

奥には資料館があり、日本の殉教者の遺骨なども納められていました。

 
その後、ようやくお昼ご飯。

ここで食べた飲茶がおいしかった~~~~2008_1027_143702pa270079 たくさん歩いた後だったので、みんな勢いがいいdelicious運ばれてくる蒸籠が次々と空になっていきましたhappy01

午後はマカオタワーへ。

入口にはレゴで作られたタワーがありました2008_1027_175344pa270105

上に上がると、煙ったマカオの街が一望sign03最初、湿度が高くてもやがかってるのかな?と思っていましたが、これは中国からのスモッグだそうです2008_1027_164641pa270083中央少し上に見える高い建物がグランドリスボア。夜になると何とも言えないイルミネーションで輝くカジノです。

マカオタワーの展望階に着くと、足元が強化ガラスの場所がsign01  はるか下に小さく人や車が見えましたhappy02200810271648000 参加者の2人の方が、バンジージャンプもしました。私は無理・・・。あんな高さから落ちようとは思いませんsweat01代わりに、お土産用に売られていたバンジークマさんを激写2008_1027_170349pa270097

そして、少しホテルで休んでから、夜はポルトガル料理のレストランで夕食会でした。

ビュッフェ形式で、いろいろなお料理を食べました。ポルトガル料理はシンプルだけど日本人にも食べやすい味だと思います。

夕食会では、ポルトガルギターのコンサートもあって、お腹も耳も心もホッとする時間でした。大抽選会もあって、私はバッグが当たりましたflair

この日は本当にたくさん歩いたので、私も母も、初日に続いてバタンキュ~sleepyでも気持ちよく熟睡できていたようで、毎朝目覚めはさわやかでしたclock

To be continued. 

« Let's go 澳門! | トップページ | Enjoy Hong Kong!! »

コメント

写真もよく撮れてるしわかりやすい説明、まるでガイドブックを開いてるようですよ。マカオって国名はよく耳にするわりにほとんど知らなかったので勉強になりました。なんともオリエンタルな感じですね、人種としてはやはり中国の方が多いのでしょうがそのほかはどんな感じでしょうか?主力産業って何かしら?やはり観光が上位なんですかねえ、しかしなんと言ってもこの旅行、倍率の高さに驚きです。お母さんとのじっくり二人たびができてよかったですね。次のレポートを楽しみにしてまーす

★いえろーぴーちさんへ

こんばんはhappy01
忘れないうちに、見聞きしたことを記しておこうと思って、一気に書いていますsweat01
自分から「ここに行く!」と決めて行った旅行ではなかったので、最初は「マカオってどうなん??」という感じでしたが、行ってみたらなかなかおもしろい国でしたhappy01
治安も悪くなかったですし、きらびやかな世界と落ち着いた世界遺産の両方が見られて、きっといえろーぴーちさんもお好きな雰囲気だと思いますよ。成田から4~5時間ですし、比較的楽に行ける国だと思います。
94%が中国人であとはポルトガル人やその他の外国人だそうです。主力産業はカジノ&観光だと思います。マカオの税収の6~7割がカジノからで、お客さんは中国の富裕層の人だと聞きましたdollarこれを聞くと、石原都知事が東京にカジノを作りたいというのもわかる気がしますcoldsweats01
カジノの税収入のおかげで(?)、住民が払う税金は安いし、医療費もほぼかからないそうです。
ガイドさんが「それもこれも皆様が負けてくださったおかげですbleah」と言ってました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Let's go 澳門! | トップページ | Enjoy Hong Kong!! »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ