« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

1年ぶりの健康診断

私の身体の不具合が色々見つかったのが、ちょうど1年前の職場の健康診断でした。

それまで健診を受けても特に大きなチェックが入ることがなく概ね健康だった私の体ですが、仕事を辞め、定期的な健診を受けなくなっていた2~3年の間に、少しずつ不調が現れてしまっていました。

不妊治療で採血や採尿はしていても、健診目的ではなかったから気付かなかった・・・。

去年色々見つかった時はショックもありましたが、その後きちんと受診し定期的にチェックを受けることで、自分の体を大事にする気持ちを持てるようになりました。

今日は1年ぶりの職場健康診断。

去年の結果を思い出してちょっと緊張もしましたが、結果から逃げずに治療をしているんだから大丈夫sign01と気持ちを奮い立たせて受診してきました。

飛躍的によくなっているとは言えませんが、こういう機会にまた自分の体を大事に考えていこうと思いますclover

いくつかな?

「体内年齢」というページがあったので、ちょっとドキドキしながらやってみました。

たくさんの質問事項があって、当てはまる項目にチェックを入れていくんですが、結果は・・・

【卵巣年齢】 33歳clover

【血管年齢】 34歳clover

【カラダストレス年齢】 31歳clover

【骨盤年齢】 36歳thunder

【肌年齢】 32歳clover

【カラダ免疫年齢】 26歳shine

だいたいどれも実年齢(33)と同じくらいだったので、結果はまずまずというところ。

骨盤年齢だけが年齢より少し上になりましたが、一応これは軽度の範囲で、今後色々気をつけたほうがよさそう。

そしてなんとなんと、カラダの免疫力が26歳sign03

まだまだ症状が改善していないところもあるけれど、ちょっとずつ頑張っていこうと思います。

40年後

仕事で、あるご夫婦を訪問しました。

お二人とも80代。

話をしているとご主人が

「これ(奥様)は、今でも家のことをきっちりやるんですよ。もう体がきつかったら休み休みでいいって言うんですけどね。それでも毎日きちんとやる。長年やってきたから、習慣になってしまったんでしょうね。でも、だからこそ私は外で安心して働けたんですよconfident

と話してくれました。感謝の気持ちがこもったとても優しい眼差しで、横に座っている奥様を見ながら。

それを聞いた奥様はちょっとはにかんだ表情で、

「ずっと主人は外で頑張って働いてくれましたから。私は家のことをきちんとやるくらいしかできませんものね。でもね、最近は忘れっぽくなっちゃってねぇ。昔のようにはいきませんねconfident」と。

奥様は認知症が少しずつ進んでいるとのこと。ご本人はわかっておられませんが、ご主人がしっかりサポートされている様子がよく伝わってきました。

ご主人は

「今まで、これが私をしっかり支えてくれました。これからは私が支える番なんですよconfident

と温かいやわらかい笑顔でお話してくれました。

仕事柄、たくさんのおうちを訪問するようになり、人それぞれに色々な人生があるんだなぁ・・・と感じていました。よくも悪くも・・・・。

でも今回のように、ご夫婦で心から支えあっているのって本当に素敵だなって思いましたclover

40年後。私たち夫婦はどんな表情でお互いを見ているのかな。そんなことを考えた一日でした。

自転車ほしいな

数ヶ月前にブータくんのbicycleが盗まれてしまって以来、新しいものを買うこともなく、ブータくんは私のbicycleを最寄り駅までの足として使っています。

普段私はrvcar通勤で、その行き帰りに買い物や用事を済ませてしまうことも多く、bicycleが無くてもさほど困ることはないのでそうしたのですが、最近「涼しくなったらbicycle通勤したいなぁ」と思うようになりました。

うちから私の職場まではrvcarで20分。アップダウンも少ないので、bicycleでも十分行けるかなと。

ガソリンも高騰しているし、私は運動不足だし・・・sweat01 

bicycle通勤は我が家(というより私?)にメリット大なはずsign03

「そのための初期投資moneybagは仕方ないよねcoldsweats01」とブータくんに話すと「あ・・・。ポンタちゃんのbicycleを買うのね」と。

あ、そうだった。盗まれたのはブータくんのbicycleだから、買うならブータくんのかcoldsweats01

でもすぐに「いいよ。ポンタちゃんが乗りやすいのを買おう。秋になったら、帰りはもう暗い時間だから、そういうのもちゃんと考えてね」と言ってくれました。

やった~sign03涼しくなり始めたら、bicycle通勤に向けて準備開始だsign03

パチンパチン

数日前から、久しぶりにクラフトパンチを持ち出して、画用紙をパチンパチンと型抜きしています200808200804000

数色の画用紙で、クマ、デイジー、クローバー、お花を型抜きして、小袋に分けました。

 
帰省したときに、Rちゃんのアルバムを見せてもらいました。

生まれたときから今日までに撮ったたくさんさんの写真の中から、選びに選んだ写真が上手に収められていました。

昔と違って今はデータで残せるので、他の多くの写真はCD-Rに入れているようです。それをコピーしてうちにも送ってくれるのが、私の楽しみのひとつhappy01

妹はRちゃんが寝ているときに、少しずつアルバムを作っていたそうです。

その中には妹が書いたコメントや絵、切り取った型も上手に貼られていました。ちょっとしたスクラップブッキングみたいな感じでhairsalon

でもミニRちゃんが産まれて、今までのペースで作れるかどうか・・・と気にしていたので、私もちょっぴりお手伝いgoodとなったわけです。

せっせとパンチをしては袋につめている私を見て、ブータくんは笑いながら「ポンタちゃんは以前にも増して妹ちゃんとRちゃんが大好きなんだなって思うよ」と言ってました。

私もそう思います。なんだか、以前よりも今のほうが大事に想っている感じがします。

もうすぐ妹の誕生日もあるので、プレゼントセットにして早く送ってあげようと思いますloveletter

感謝

昨日の夜、後ろ髪を引かれまくりながら自宅に帰ってきましたcoldsweats01

帰る前日、母と二人で食事に行きました。

ちょっとした個室のある雰囲気のいいお店でゆっくり話ができました。

取り立てて何を話したということでもないのですが、母娘でゆっくりできて嬉しかったです。

母は「子育ての大変さがわかったでしょうsweat02」と。

そして「もし跡取りが欲しいなら、大人になってから養子を考えてもいいんじゃない?」とも言われました。

母の周囲でそういう人がいたからなのですが、私は笑顔で「いやいや、跡取りが欲しいんだじゃないんだよcoldsweats01女性としてできることをしてみたい。わが子を抱いてみたいんだよ」と答えました。

まぁ、今の私にはRちゃんとチビRちゃん(二人ともイニシャルが同じでした)の成長を一緒に見ていくことが一番の楽しみになっているので、気持ちを楽に自分のことは考えていけそうな気がしますclover

 
さて、実家にいる間、お姉ちゃんになったRちゃんといっぱい一緒に遊びました。実家と妹宅は歩いて5分もかからない距離。行ったり来たりの毎日でした。

よくおばあちゃんは孫に甘いといいますが、私もかなり甘い伯母さんだったと思います。だって、Rちゃんが喜ぶ顔を見たいんですもんbleah

毎日毎日Rちゃんは私に飛びついてきてくれました。抱っこをすれば安心して眠ってくれました。

お母さんになったら大変なことも多いだろうけれど、こういう幸せがいっぱいあるんだなって実感させてもらいました。

ベビーカーに乗せて公園に行ったり、二人でお買い物に行ったりもしました。

Rちゃんは「抱っこ、抱っこhappy01」の連続。お母さん(妹)には「歩いてpout」といわれるところですが、私だと「歩こ~よ~sweat02」と言いつつ抱っこしてくれるのがわかってるんですよねcoldsweats01

はたから見たら親子だったようで、たくさんの方に「かわいいわねぇ。おいくつ?お母さん頑張ってね」と声をかけてもらいました。

ちょっとくすぐったい気持ちでしたが、「私でもお母さんに見えたんだ」って嬉しかったですhappy02

チビRちゃんのオムツ替えやお風呂も入れさせてもらいました。へその緒が取れる瞬間にも遭遇flair

こういう時間をすごさせてくれた妹にも感謝です。

行くまでは「複雑な気持ちになって、夜少し涙が出るかも・・・」なんて思っていましたが、涙が出ることは全く無し。ただただ二人の姪のかわいさにメロメロになって、妹の頑張りに胸がいっぱいになり、母の眼差しに気持ちが温かくなり・・・。

どれだけ役に立ったかわかりませんが、母にも妹にも「ポンタちゃん、帰らないで~bearing」と言ってもらえて、本当に帰りたくないくらい幸せな一週間でした。

 
今朝、妹とRちゃんから電話がありました。

Rちゃんが「ポンタちゃ~ん、もう来る?遊ぼうheart01」と。

もう涙が出そうになりましたcrying 「ポンタちゃんも行きたいけど、もう遠くのおうちにいるから今日は行けないんだよ~」

Rちゃんが楽しみにしてくれているのが手に取るようにわかるので、すぐにでも飛んでいきたい気分です。

次はお正月かな。ブータくんも「お正月札幌でいいよ」って言ってくれたしheart01

それまでは、電話でいっぱいお話しようと思います。

あっという間

母、妹、姪、猫といっしょの時間は楽しかった〜(*^_^*)

一週間なんてホントにあっという間。

帰りたくないよ〜(>_<)

乳母休業

今日は義弟がお休みなので、乳母休業日。

母とランチに行きました。

二人でゆっくり食事をしたのは久しぶりです。

姪との数日間を振り返りながら「子育ては大変。でも、やっぱりそれもうらやましい」と話すと、母は「ポンタの気持ちもわかるよ」と言ってくれました。

初めてRちゃんを抱っこした2年前。

私は嬉しさと羨ましさを交差させつつも笑顔で接していたつもりでした。
でも母からすると、私は厳しい表情だったそうです。複雑な気持ちが出ていたと…。
だから、今回も気付かないうちにそうなっているんじゃないかと心配でした。
だから、Rちゃんが抱きついてきてくれたら嬉しかったし、母や妹が安心してRちゃんを任せてくれたことは嬉しかったです。

孫が増えた喜びと同時に、私の気持ちを想ってくれる母には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

明日はまた妹の家で乳母します。赤ちゃんのおむつ替えやお風呂、そしてRちゃんとの時間。
いつかのための練習になればいいなぁ…という思いもありますが、今はただただ二人の姪から幸せパワーをもらっている感じがします(*^_^*)

ぷにぷに

妹と赤ちゃんが退院しました。
私はRちゃんを連れて妹家までお散歩。
一週間、ずっと病院でしか会っていなかったので、最初Rちゃんは、家に赤ちゃんが帰ってくることがピンとこなかったようです。
でも家に入り、お母さんと赤ちゃんがいるのを見たら、満面の笑み。
病院では普通にほっぺを触ったりしていたのに、今日は何だか遠慮がち。「ぷにぷにだねぇ」とそっと触ってました。
授乳を見ていたので「Rちゃんも飲む?」と聞かれても首を振るRちゃん。
おっぱいは赤ちゃんが飲むものだからいらないんだそうです(*^_^*)あら、いつの間にかお姉ちゃんな発言!!
そんなRちゃんの姿が微笑ましかったです。

恋しくないの?

今日、妹のところに行ってきました。
人気の産婦人科らしく、ほぼ満床で、妊産婦さんや赤ちゃんがいっぱいでした。。
今回、自分の気持ちがどうなるか、少しだけ心配でしたが、大丈夫でした。Rちゃんの時とは違うみたいです。
Rちゃんが私にいっぱい抱きついてきてくれるので、それに癒される毎日だからかもしれません(*^_^*)

病院に行ったとき、ちょうど赤ちゃんが産まれた直後の新米パパさんが、恐る恐る赤ちゃんを抱いているのを見ました。あまりのへっぴり腰にちょっと笑っちゃいましたが、赤ちゃんを見つめる目が愛しさでいっぱいで、うらやましかったです。

お留守番のRちゃんは、と言うと、親を恋しがることもなく順調な毎日です。
妹に面会に行っても「じゃね!」と元気に手を振り後ろも振り向かない(^o^;
義弟が仕事を終えて様子を見に来ても、いつもと同じテンション(^o^;
逆に妹や義弟が少し淋しそうなくらいです。

今日は朝から夕方まで私と二人きりだったんですが、思い切り楽しんで過ごしました!
もう少しで退院なので、それ以降はRちゃんは今までにない我慢も経験すると思います。だから今はいっぱいいっぱい遊んであげたいしいっぱいいっぱい抱っこしてあげたいと思っています。

よかった

昨日、無事に妹が出産しました。

推定4500gかもと言っていたほどの大きさではありませんでしたが、それでもやはり大きくて、4000gを少し超えたくらいの元気な女の子heart01

産まれる前から名前は決まっていたんですが、妹から来た写真を見て、初めて名前と顔が一致してちょっと嬉しくなりました。まだまだガッツ顔ですがcoldsweats01

そしてRちゃんはおねえちゃんになりました。まだ自覚はないようですけどcoldsweats01

私と妹は2歳1ヶ月違いなんですが、Rちゃんと赤ちゃんも同じ。

Rちゃんが妹を見る目は、私が見ていた目線と同じなのかな。そんなことも考えたりします。

とにかく、母子共に無事でよかったです。

乳母準備

妹の出産予定日が過ぎました。

ずっと“気配”はあるようですが、おなかの中が居心地がいいのか、なかなか出てきてくれないようですcoldsweats01

Rちゃんから入っていた留守電も「あかちゃん、まだ、うまれましぇんchick」でした。

推定体重は4000gを超えたとのこと。

今のところ赤ちゃんも妹も元気なので安心ですが、もう少し延びてしまうようだったら促進剤などを使って出産するようです。

妹も赤ちゃんも元気でその日を迎えられるように・・・と祈るばかりです。

さてさて、その赤ちゃんがなかなか産まれないので私の乳母帰省の日程もなかなか決まらずにいました。

産まれたら飛行機のチケットを取ると言っていましたが、今は夏休み真っ最中。

乗りたい時間帯のチケットはどんどん売れていくsweat01

で、来週には産まれているor入院しているということなので、もう行ってしまうことにしましたsign01どっちにしてもRちゃんを見る人が必要だし。

来週乳母帰省します。

かわいい娘を抱き、どんどん母親らしくなっていく妹に会うと、正直うらやましい気持ちと葛藤することもあるのですが、Rちゃんと赤ちゃんからたくさんのパワーをもらってこれたらいいなと思います。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ