« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 汗だく »

ヒロシマ

「広島は62回目の原爆の日を迎えました」

今朝はどのニュースもこの言葉で始まっていました。

戦争について「あの戦いがあったから、今の日本がある」という人もいます。

それは歴史的には事実なんだと思いますが、本当にそれしか方法は無かったのか・・・、考えさせられます。

祖父と行った広島の平和記念資料館。

今の広島からは想像もできない現実がそこにありました。

それでも私が見たものは、当時の資料。

これを目の前で実際に経験したら・・・・言葉がみつかりません。恐ろしいとか、悲しいとか、そういう気持ちでは表現できないのです。

私は平和な時代しか生きていませんが、戦争でたくさんの犠牲があったことを忘れないでいたいと思います。

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 汗だく »

コメント

戦争は怖いですね。
あたしも以前広島に行ったとき、胸がしめつけられるような資料をいっぱい見ました。
実家では、祖父、祖母も一緒に暮らしていたので戦時中の話をよく聞いてました。
あたしももし子供ができたら、
その話を語りついでいけたらいいなって思ってます。

私は小~中学生時代、広島に住んでいたので、学校でもいろいろ触れる機会が多く、資料館は4年生くらいの時に校外学習で行きました。
3年前に久しぶりに旅行で訪れ、資料館に行ったのですが、子どもの時とは違った印象でした。
今は、修学旅行で海外に行く学校も多いそうですが、もっともっとこういう所に行って、自分の国を良く知ることが大事なんじゃないかと思います。
自分の国で起きたことなのに、知らないで通り過ぎて行く人たちはいっぱいいるのでしょうね・・・。

はーこさんへ
こういう現実があったことを忘れないでいることが大事ですね。
まだまだ争いの耐えない国がありますが、平和が当たり前の世の中になってほしいです。

tomato.さんへ
大人になってから行くと、理解できることも増えて見方が変わりますよね。
世界を見るのも大事かもしれませんが、まずは自分が住んでいる国のことをしっかり知りたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 汗だく »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ