« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

かわいそうなのかな・・・

昨日の検診で看護師さんにかけられた一言が、時間が経つにつれてズンッと重たくなってきています。

血圧を測ってもらったときに数値が高かったので、少し落ち着いてから再度測ることになりました。

結局2回目も数値が高めだったので、看護師さんに「いつもこんなに高い?」と聞かれ「以前は通常の血圧でした。でもここ2~3年で20キロ太ってしまって・・・」と話したんです。

「何かあったの?」と聞かれ、「ストレスですかねぇ・・・」と言うと「嫌なこととかあった?」と優しく聞いてくれたので

「不妊治療をしていてストレスでものすごく食べてしまった時期があったり、安静にって言われてとにかく動かない時期があったりして・・・」と打ち明けました。

すると

「かわいそ~」

と一言。

その時もちょっと引っかかったんですが、時間が経つに連れてどんどん重たい一言になってきました。

そっか、私、かわいそうなんだ・・・。

ストレスを抱えたことがかわいそうなのかな。太ったことがかわいそうなのかな。不妊治療をしていることがかわいそうなのかな。不妊治療が元でこういう風になっていること全体がかわいそうなのかな・・・。

治療や自分の現状を「大変」って思ったことはあっても、自分を「かわいそう」って思ったことはなかった。

友達や家族からも「大変だね」って言われたことはあっても、「かわいそう」って言われたことはなかった。でもみんなにも「かわいそう」って思われてたのかな・・・。そんなことはないって思いたいけど・・・。

聞き流せばいい言葉なのかもしれないけど、「私、大変なこともあるけど、かわいそうじゃないですよ」って言いたい気分です。

健康診断

昨日から、暑さが和らいで過ごしやすくなってきました。

窓を開けると、今までの熱風とは違って涼しい風が吹き抜けます。

 
今日、職場の健康診断を受けてきましたPhoto

ダイエットは間に合わず・・・。そして、血圧が高くなっていました。

今までの職場でも健康診断はありましたが、体重以外でひっかかることは無い「健康なおデブ」だったのですが、年齢も30を超え「不健康なおデブ」になってしまったようです。

今日は今までの職場ではやったことがなかった心電図や腹回りの測定もありました。特に腹回りの測定なんて、私にとってはありがた迷惑な検診内容なんですが、今日の検診で目が覚めました。

不妊治療以前に、自分が本当に健康でいないと!

本格的に頑張ろうと思います(-"-)

そして・・・

午後から仕事をしていて、なんとな~く嫌な予感がしてお手洗いに行ったら・・・始まっちゃいました(T_T)

またまた妊娠0週0日目のスタートです。今、治療をお休みしているので、どこか「ま、仕方ないか」という思いもありますが、治療をしていないから仕方ないと思っている自分にイライラしたりします。

でも始まってしまったものは仕方が無い!!

ダイエットも治療も、心機一転ガンバリマス!!

6歳年下だけどなぁ・・・

ネットで色々なニュースを見ていたら、とても興味深い記事を見つけました。

『妻が夫より6歳年下、または夫が妻より4歳年上の夫婦が最も多くの子どもをもうける傾向があると、オーストリアの研究者が29日に明らかにした』

とのこと(記事はこちら

この研究チームによると、パートナーが同年齢だと子どもは平均2.1人ですが、この年齢差だと平均2.2人なんだそうです。

0.1人の差だけど、たくさんのパートナーがいることを考えれば、この差は大きいかもしれません。

私、ブータくんより6歳年下なんですけどねぇ・・・(^_^;)このデータにあやかりたいものです。

 
それから、すご~くどうでもいいことなんですが・・・「妻が6歳年下か夫が4歳年上」っていう記事でしたが、「妻が6歳年下か4歳年下」じゃダメだったのかな?ってちょっと気になりました(^_^;)

夏は氷

こんにちは。ムースですPhoto

この夏は本当に暑かったですねPhoto_2 40℃超えた日は、おうちのエアコンから出てくる風もボクが飲むお水も温かくてビックリでした。

ポンタママは「最近ようやく、窓を開けてれば耐えられる暑さになってきたねぇ、ムータン(^_^)」と言って、朝からおうちの窓をぜ~んぶ開けてまわっています。

ポンタママはいつもお昼からお仕事なので、午後からボクはお留守番。

一番暑い時間帯だから、窓を開けてもおうちの中はサウナ状態。

だから“蒸しムース”にならないように、毎日エアコンをつけていってくれました。だから、今月の電気代はものすごいことになってたんだって。

ボクのせいかなぁ・・・。ポンタママは「ムースのためならエンヤコラよPhoto_3 」って言ってたけどね。

この前、あんまり暑かったので、ポンタママが氷をくれました。40℃あった日は、氷をガリガリかじってたんだよ。生まれて2回目の夏だけど、夏って暑いんだね。

この前の暑かった日、頭に氷を乗せられちゃいました200708251914000 200708251915000 200708251916000 200708251917000

いつもなら、頭に何か乗ったらすぐに振り落とすんだけど、この日はちょっとの間このまま。

冷たくて気持ちよかったよ。

動物園でも、レッサーパンダさんが熱中症になってしまったみたいPhoto

明日から少しずつ涼しくなるって気象予報士さんが言ってたけど、まだまだ暑い日もあるだろうから、気をつけないとね。

お取り寄せ

瓦そばって知ってますか?

山口県の郷土料理で、お店では熱々の瓦の上に茶そばが乗り、その上に錦糸卵、味付け牛肉、海苔が乗ってきて、それをそばつゆにつけて食べます。

明治十年の西南の役の時に、熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話を参考にして、高瀬さんという人が開発したそうです(山口や福岡で「瓦そばのたかせ」は有名老舗)。

普通の茹でるだけのおそばと違って、瓦に接した麺はカリカリで、私はその食感が好きです。

普通のおそばとも焼きそばとも違う食べ方です。

福岡に住んでいたときは、スーパーの生麺コーナーに「瓦そば」がありました。甘めのつゆのパックが入っていて、お手軽。

よくそれを買って、フライパンやホットプレートで焼いて、お店と同じようなトッピングで食べたものでした。

 

でも、埼玉に引越してきてから、瓦そばを見ないんですよねぇ。全国区じゃないんだって実感しました(^_^;)

茶そばを買って作ってみたものの、つゆが違う感じがして・・・。

で、結局、お取り寄せしちゃいました!

今朝、無事に届きました200708270850001

元祖のお店で頼もうかと思ったんですが、いつもよく買っていた、スーパーに並んでいた麺をネットで見つけ、庶民な私はそちらを買うことにしました。

実は、7月に福岡に帰省したときも、スーパーに行ったときに「瓦そばを買って帰る!」と数袋購入してたんです(^_^;)

しばらくは懐かしい味を楽しめそうです♪

代理母のこと

代理母出産を行ったと公表した医師が20~50代の代理母のボランティアを募集したところ、40名の応募があったそうです。

この40名は、全員経産婦だったそうです。

私は「やっぱり」と「きっと」の気持ちを抱きました。

やっぱり、本当に子どもを産んだ人だから、あの喜びを他の人にもって思うんだろうな・・・。

でもきっと、この人たちは大きなリスク無く、無事に出産をした人たちなんだろうな・・・、と。

 
以前も書きましたが、私は代理母出産には反対なので、ここから先は偏った内容になるかもしれません。

私は不妊治療を約6年してきて、タイミング→人工授精→顕微授精と進みました。

この人工授精や顕微授精だって反対する人は反対するだろうし、「なんでそこまでやるの?」って思う人は思うことだと思います。

代理母にしても顕微授精にしても、そこまでたどりつくのにはたくさんの迷いや決断があると思いますが、私の中で何が違うか。

それは、人の命を危険にさらすかどうか

私が反対する一番大きなポイントはここです。

人工授精や体外受精は自然に反している。確かに、医師の手を借りて“操作”しているのは確かです。でも、自分の体に負担はあっても、誰かの命を危険にさらしてはいない。そう思います。

私自身、体外受精で自分の体に大きな負担があることを理解しました。それでも再度2回目の挑戦を決めたのは、1回目に大きなリスクが無かったからだと思います。

でも大きな負担や万が一のリスクがあると知っているからこそ、人に簡単に勧めることはしません。

代理母出産した女性タレントが「代理母を認めて欲しい」とメディアで訴え続けているのは「代理母が無事で、我が子を抱けたから」だと思うんです。

他人に大きなリスクがあること。それを現実に目の当たりにしていないからだと思うのです。

 
以前、母とこの代理母の話をしていたとき(両家の親は治療をしていることを知っています)

「私は代理母は反対だなぁ・・・」

と言うと、母は

「お母さんはお姉ちゃんに赤ちゃんができるなら、やってもいいと思ったんだよ」

と真剣に言ってくれました。母がそんな風に考えていてくれたなんて・・・。涙が出ました。母の気持ちが嬉しかったです。

でも、いざとなったとき母に頼むかどうか・・・。

周りを見ていて、妊娠・出産が楽で簡単なものだとは思っていません。自分の「子どもが欲しい」という気持ちと母の命。どちらが大事か。

もちろん母です。

そして、そこまで思うことを、他人に頼めるかどうか。私にはできません。

 
代理母に応募した人たちを含めて、そういうリスクをきちんと考えているのか、気になります。今回応募した人には、それを含めたアンケート(あなたが亡くなっても家族は納得するのかなど)をするそうですが。

世論も変わってきていて、代理母に賛成する人が50%を超えたそうです。

でも「では、実際あなたは代理母をやりますか?」という問いに、YESと答えた人は少数だったそうです。

それは、少なからずリスクがあるということをわかっているからでしょう。

それを分かっていて、代理母を認めてもいいんじゃない?とは言えない。私はそう思っています。

女の勘!!

最近、ブータくんがな~んかコソコソしている感じがして、数日前に「ブータくん、何か私に隠してない??」と聞いてみた。

すると「なんもないよ。」と。

その時は「フ~ン(-"-)」って思ったけど、何となく落ち着かない。

でもまぁ、ブータくん本人が何もないと言ってるんだから・・・と思うことにした。

 
そして昨日。

帰ってくるなりブータくんが「ポンタちゃんに謝らんといけんことがある・・・(*_*)」と。

なんだなんだ??財布でも落としたか??会社で何かしでかしたか??スーツのお尻でも破ったか??

色々駆け巡ったけれど、ブータくんのかばんから出てきたのはニンテンドーDS

ブータくんがずっと欲しがっていたけれど、私が「電車の中とか、外でゲームをしている人は嫌いです。特に大人がゲームをしているのは、見ていておかしいです!なので、買いません!!」と言い続けてきたDS。

何で持ってるの?何で??何で???

すると「兄ちゃんが、もう使わないからブータが欲しいならあげるって言ってくれたんよ」と。

「でもさぁ、お兄さんは福岡にいるんだよ!うちにはそんな荷物は届かなかったよ!」

「会社に送ってもらった・・・」

「会社??何で?何でそんなコソコソするの??」

「だって、ポンタちゃんに言ったら『そんなものいらん!』って言うだろうし、うちに送ってもらったらすぐに分かっちゃうし・・・」

「そっか!!この前何だかコソコソしてる感じがしたのは、これだったのね<`~´>兄弟揃ってなんなのよ!!」

「だから、ごめんなさい・・・」

「こうまでしてDSを手にしたのもイヤだけど、コソコソしてたのがイヤなのよ!!」

「ごめんなさい・・・」

こんな会話が十数分続きました(-"-)

私の目と勘は鋭かったようです。私に「何か隠してない?」と言われたとき、ブータくんはかなりドキドキだったことでしょう。

まぁ、白状しただけ“かわいいヤツよの~(-。-)y-゜゜゜”

昨夜、ブータくんは同僚に借りてきた裁判ゲームをしていて、何度もゲームに向かって「意義あり!」と叫んでいました。

君の行動に「意義あり!」だよ(-"-)

免許更新

昨日、免許証の更新に行って来ました2

福岡の時は運転免許試験場で更新でしたが、埼玉は警察署でできるので便利。 

最近本当に暑いので、免許の写真がテカッたらイヤだなぁと思って、車のエアコンをガンガンに効かせながら行きました(^_^;)

今回の更新からICチップ入り免許になるので、更新手続きの書類に暗証番号を記入。忘れないようにしなくちゃ。

その後写真を撮ってもらったんですが、一度目は「あ~、今、目を細めてしまわれたので、もう一度撮りますね!」と。

すごい!今まで撮り直しなんてしてもらったことないよ!

で、二度目は「はい、OKです」との言葉にホッ。

それから講習を受けて(と言っても事故に関するDVDを10分くらい見ただけ)、新しい免許をもらいました。

今回から念願のゴールド免許Photo_2 です!優良と書かれた免許。嬉しいです(*^_^*)

がっ!!

私、ちょっとあごが上がっていて、人相が悪い・・・。「何見てんだよっ(-。-)」みたいな顔・・・。 

人が少なかったから、もう一回撮り直してもらえたらよかったなぁ・・・(^_^;) 

 

道交法の改正で、今まで「普通免許」だった私の免許は「中型免許」になりました。

今までの「普通免許」では8tまで運転できたそうですが、新しい「普通免許」では5tまでしか運転できないように変わったそうです。

なので、改正以前に「普通免許」を取得した人は、一部の8tまでの中型車を運転できるということで「中型免許」の種類になるそうです。

新しくできた「中型免許」では5t以上11t未満の車が運転できることになっているので、私の免許の免許の条件等の部分には「眼鏡等」に加えて「中型車は8tに限る」と表記がされました。

 
私の手元には、①9年前に更新した免許と②5年前に更新した免許と③今回の新しい免許証の3枚があります。

①と②の間に結婚したので、名前と本籍、住所が違う。

②と③の間に引越しをしたので、住所が違う。

3枚ともその時々の変更があるので「あ~、あの頃はこうだったなぁ」なんて懐かしく思います。

そして・・・5年前はかなりダイエットをしたので、他の2枚より顔が少し小さいけれど、あとの2枚は顔がボーーーン!!

次の更新の時には、せめて5年前の写真くらいまで痩せたいと思います(>_<)

感動!!!

高校野球の決勝戦が、今、終わりました。

佐賀北VS広陵Photo

7回で4点差がついていたので、正直、今年は広陵の優勝だと思っていたら・・・

8回裏に押し出しで1点が入り、その直後に逆転満塁ホームラン!!

「甲子園には魔物がいる」と言いますが、まさにその瞬間を見てしまった!そんな気分でした。

9回表。

広陵はここで点を取らないと負けてしまう。かなりのプレッシャーだったと思います。

そんな中で一人出塁。次のバッターも打った!と思ったんですが、1塁はアウト。

そして1塁にいた選手は2塁を蹴って、3塁へ。それを見たファーストはサードへ送球。

結果は・・・アウト。ダブルプレーでした。

少しでもホームベースに近づきたい。そんな一生懸命な思いだけで走っていたのだと思います。甲子園の砂が顔中について、顔が真っ黒になっていました。

この選手は悔しい思いや後悔の思いがあるかもしれません。

でも、ベンチに戻ってきた選手を監督が「ナイスプレー!!」と手をたたいて迎えたんです。

感動しました。

満塁ホームランも感動したけれど、選手の頑張りとその気持ちをきちんと受け止めた監督。すばらしい場面を見た気がしました。

今年の猛暑の中、一生懸命頑張ったすべての選手に拍手を送りたいと思います。

おそろい

週末は私の妹の誕生日です。

妹は、家族からするといつまでも「末っ子、子ども」のイメージなんですが、その妹も30歳。不思議です(^_^;)

誕生日プレゼントは何にしようかな・・・と毎年考えるんですが、妹が母になってからさらに迷うようになりました。

私にとっては、ずっと変わらない妹なんですが、きっと母になった妹は欲しいものとか色々変わったのかな・・・と。

そこには、母になれた妹へのうらやましさもちょっぴり入っているんですけどね(^_^;)

迷った結果、今年は妹と姪にコムサのおそろいのTシャツを送ることにしました。

妹の誕生日だから、妹だけに送ってもいい話なんですが、姪にも送るところがオババカです(^_^;)

札幌はこれからもうどんどん肌寒くなっていくので、長袖のTシャツにしましたPhoto_2

妹は黒、姪にはピンク。

ハッキリとおそろいより、色違いくらいの方がかわいいかなと思って。

妹に電話で好きな色を聞いたときに、姪の分も買おうかなと思っていることを伝えたら「ありがとう!!でさぁ・・・最近Rちゃんのズボンも無いんだよねぇ(^_^;)」と、さりげな~い圧力が(-"-)

オババカですから、すぐに西松屋へ走りましたよ(^_^;)

秋から冬には90センチくらいになるそうです。

本当にかわいいサイズです。

妹のプレゼント選びのはずが、すっかりRちゃんへのプレゼント選びになっていました(^_^;)

車検

土曜日に、我が家の車を初車検に出しました。

ディーラーに出すか、民間の車検業者に出すか迷って、見積もりなども取ってから後者に出すことにしていました。

車検時間は約2時間。

一旦帰ってもよかったんですが、代車がないところだったので、私もブータくんもそのままそこでマッサージチェアを使ったり、漫画や雑誌を読んで過ごしました。

車検は無事終わり、洗車もしてくれてピッカピカPhotoCar11Photo

でも、ただ1つ・・・

車を発進させるときに、ちょっと気になる症状があったんですが、それはディーラーじゃないと原因がわからないとのこと。

結局、車検を終わってからすぐにディーラーに移動して見てもらいました。

こんなことなら、最初からディーラーに出せばよかったかな(^_^;)

ディーラーで対応してくれた人がいい人で、すぐに原因を見つけて対処してくれました。

保障期間だったので無料なのも助かりました。

車検代12万円弱はちょっと痛い出費ですが、これでさらに安心して乗れそうです(*^。^*)

食の安全

我が家の実家は福岡と札幌。北と南に離れています。

どちらの実家に帰っても、家族に会える楽しみ・友達に会える楽しみ・懐かしい場所に行く楽しみがあります。

そしてそういう楽しみのひとつに“お土産”があります。

お世話になっている方に渡すお土産もありますが、自分たちのために買ってくるお土産もいっぱい。

その大好きなお土産の1つ“白い恋人Photo_3 ”の賞味期限が改ざんされていたことがわかりました。他のお菓子には、食中毒を引き起こす菌が見つかったとか・・・。

北海道と言えば白い恋人と言うくらい、有名で人気のあるお菓子だったのに・・・。

白い恋人パークという場所ができるくらい人気のお菓子だったのに・・・。

白い恋人パークでは、大きなクッキーに絵を描いたり、白い恋人の生産ラインを見学できたりします。楽しかったのになぁ。

一度失った信頼を取り戻すのがどれだけ大変なことなのか、不正を行った人はわかっているのでしょうか?

多くの人の口に入るものなのに、被害が出ることを心配しなかったのでしょうか?

きっと真面目に衛生面に気をつけて作業している従業員さんもたくさんいるはず。

本当にたくさんの人を裏切ったこと、わかっているのでしょうか?

本当に残念です。

次に札幌に帰るときには白い恋人がお土産物やさんに並んでいるかしら・・・。

最近、食の安全が脅かされていますが、私たち消費者は店頭で表示を確認したりするしかないわけで・・・。

どんなに丁寧に選んでいても、そこに不正があったらどうしようもありません。

安全な食品を口にしたい。普通のことだと思うんですけどね。

誕生日と記念日

昨日、日本の最高気温が塗り替えられました。

岐阜の多治見と埼玉の熊谷で40.9℃!!

お風呂並みの温度です。

うちは埼玉の東部なんですが、このあたりも昨日は日本で2番目か3番目に暑かったようで、40℃を超えていました。

昨日は仕事を終えて帰ってから、少し気分が悪くなりました。職場でエアコンが効いた部屋から外に出て、調子が狂ったようです。軽い熱中症のような症状でした(-_-;)

アイスノンをして寝たら治りましたが、暑さは怖いですね。

今までの最高気温は74年前の7月25日に山形県で記録された40.8℃。

それ以来、7月25日は「最高気温記念日」になっていましたが、それも変わるんでしょうね。

ちなみに7月25日は私の誕生日なので、この記念日を覚えていたんです(^_^;)

さらに・・・

私の誕生日の記念日は

味の素の日(昆布の「うま味」成分の研究で、「うま味」の主成分がアミノ酸の一種であるグルタミン酸であることをつきとめて、その製造法の特許をとった日)

体外受精の日(1978年、イギリス・マンチェスターの北東のオールダム総合病院で世界初の体外受精児(試験管ベビー)が誕生した日)

味の素の日だから、食いしん坊なのかしら(^_^;)

初めて誕生した体外受精児のパワーを私にももらえないかしら(^_^;)

・・・なんてことをこの暑さの中考えています。

あぢ~~☀

昨日は本当に暑かった(>_<) 同じ埼玉の北部では最高気温が39度台だったようです。

昨日はブータくんはお盆休み最終日で、私もお休みだったので、どこか行こうかと思ったんですが、あまりの暑さに家でゴロゴロ・・・。

お布団を干したらホカホカを通り越して熱々になるし、洗濯物は1時間で乾いてましたPhoto

水道から出てくる水も熱いんです。シャワーを浴びたときに、温水器のスイッチを押し忘れても「あれ?ちょっとぬるいかな?」って思えるくらい。

お茶碗を洗っていても「あれ?今、お湯使ってたっけ?」って思うくらい。

窓を開けても、入ってくるのは熱風。それでも何とかガマンして、汗だくで過ごしていたのですが、ムースの息も荒くなってきたのでエアコンをつけました。

うちってやっぱりムース基準(^_^;)

Nec_0077 あぢ~~Down

200708151338001 氷がおいしい~Up(吸水器の水はぬるくてイヤなようです)

そんな我が家に、ビックリな通知が来ました。

昨日までの1ヶ月の電気代。いつもは3,500円くらいなんですが、今度の支払いは6,500円\(◎o◎)/!

消費電力も普段は130kwh台なんですが、今月は300kwh使ってました・・・。

エアコン恐るべし(>_<)

水の季節

最近の暑さに、が恋しくなることが多いです。

私は「水」が大好きPhoto_89

ここに書いている「水」は飲み水ではなくて、自然の川・海・湖・滝などなどのことPhoto_90

小さい頃からスイミングに通っていたので水に対する恐怖心はないし、父方の祖父の家に帰省すると必ず近所の川に泳ぎに連れて行ってもらったり、これまた自然大好きな父が子どものころから海や川や湖に何度と無く連れて行っていってくれていたので、自然の流れに身をまかせるのも大好き。

もちろんそこには「自然の力」の恐怖もあるのだけど、無理をせず、危険だと言われるところには足を踏み入れないルールを守っているつもりです。

ブータくんとドライブに行ってきれいな川を見つけると、ニヤッとなります。

「ねぇ、ブータく~ん(*^。^*)」

もうこの一言だけで

「はいはい、タオルはあるの?」

となります。

車にはたいていタオルを乗せているので、すぐに川へGO!!

さすがに泳ぐことはできないけれど、スカートやズボンが濡れないギリギリのところまでズンズン入っていきます!

湧き水が湧いている池やきれいな湖を見ると

「もぐりたい・・・私、ここにもぐりた~い(T_T)」

と思うんです。

ブータくんは「なんで水を見る=もぐりたいになるんだろう(^_^;)」と言いますが、水が気持ちいいだけじゃなくて、水の中の景色って本当にきれいなんですよ。

そんな私ですから、新婚旅行も海がきれいな場所を基準に選び、体験ダイビングにも迷わず申し込みました。

今、水が本当に気持ちいい季節。

なかなか自然いっぱいの場所に行く機会がないのが悲しいところですが、川に足をつけてちょっとのんびり・・・なんてことをしたいなぁと思う今日この頃です。

続・流れ星

ペルセウス座流星群は昨日もよく見えるとのことだったので、星降る夜空を期待して、またベランダへ出てみました。

ベランダに立つこと10分。

★彡

またひとつ、流れ星を見ることができました。

今度こそ「赤ちゃんができますように(-m-)」とお願いするつもりだったのに、やっぱり見れたことに感動&あっという間だったので、伝えられず・・・。

流れ星が私の気持ちを空からくんでくれるのを願うばかりです。

   ★・★・★・★・★・★・★・★・★

ここからはちょっと愚痴です・・・。流れ星にも嫌われちゃうかもしれないけど・・・(-_-;)

私の職場は今日もヒマなのですが、隣の子どもの福祉に関わる課に赤ちゃんを連れたお母さんが来ました。

「ふ~っ、やっぱり子どもがいるって大変だよ・・・」

確かにそうなんだろうけど。実際に子どもを生んだらそう思うんだろうけど。

いないのも色々大変なんだよっ!って言いたくなりました。

他にも色々なサイトを見ていて、不妊治療の後に子どもを授かった人のサイトで

「他のおとなしい子がうらやましい」「子どもがいるから映画も観に行ってない」

とか書いてあると、「その気持ちも正直な気持ちなんだろうけど、子どもがほしいと思った気持ちはどこへ行ったの??」って思ってしまいました。

私には子どもを育てている人の本当の大変さはわかりません。

でも同じように「子どもが欲しい」と思った人たちのこういう気持ちは、寂しいなぁと思ってしまうのです。

ひがみなのかもしれないけれど・・・。

妊娠できたら、不妊の苦しさは忘れていいと思います。だって、嬉しい結果を得る為に苦しい治療に耐えて頑張ったんですから。

でも・・・・・・・・・・ 

うまく言葉が見つからなくなりました。中途半端な日記になってごめんなさい。

流れ星

お盆ですね。どこもかしこも人がいっぱいのようですが、私の職場の他の課は、職員がいつもの半分くらいしかいない感じです。

お盆だし、暑いし、来客も少なく、私もヒマです。ただでさえヒマな月の中旬。ヒマに拍車がかかっております(ーー;)

 

さてさて、数日前からテレビでもやっていた「ペルセウス座流星群」

街中でも肉眼で見えると言っていたので、昨日(正確には今日)0時過ぎにベランダから空を見上げてみました。

流星群と言うくらいだから、たくさん見えるのかな?なんて期待をしつつ10分。

・・・流れない。・・・見えない。

やっぱり街灯やマンションの明かりが邪魔をしているのかなぁと思ったその時!!

★彡

私が見ていた夜空に、一本の輝く光の筋が!!

生まれて初めて流れ星を見ました\(^o^)/ 

流れ星を見ている間に願い事を言えば叶うと聞きますが、流れ星を見た嬉しさと驚きで、願い事を言うのをすっかり忘れてしまって(^_^;)

すぐに寝ていたブータくんを起こして「ブータくん、ブータくん!!流れ星、見えたよ!!」とベランダへ。

それからブータくんと二人で空を見上げること40分。

・・・流れ星は見えませんでした(T_T)

今夜もう一度チャレンジしてみようと思いますが、昨夜見た流れ星が、私の願いを察してくれているといいなぁなんて思ったりしています。

ブータくんは13~15日がお盆休み。この土日を含めると5連休。先月に続いて5連休

お盆休みがなく、夏休みももう使ってしまった私はお仕事・・・。

せっかくだから一人で福岡に帰れば?と言ったのですが、飛行機は高いし新幹線もいっぱい。ということで、私が仕事に行っている間はムースとお留守番していることになりました。

フッフッフ・・・(*^。^*)、布団干してもらって~、お風呂掃除してもらって~、ベランダも片づけてもらいたいな~・・・なんて色々と企んでいるデビルポンタですΨ(`⊷´)Ψ

   Kuma

私が住んでいる市には、果物を作っている農家が多い地区があります。

今の時期は梨。

子どもの頃は、両親と一緒に梨園へ行って梨狩りをしたものです。

ここに住んでいたのは幼稚園や小学生の頃で、梨狩りに飽きたら大量にあるセミの抜け殻を妹と一緒に集めまくっていました(^_^;)

梨狩りが終わると、「ご試食どうぞ(^_^)」と出してくださる梨を食べるのが楽しみでした。

あれから十数年。

久しぶりに梨園に行ってみました。ブータくんの伯母に送ろうと思って。

でも子どもの頃によく行っていた梨園がどうしても思い出せない・・・。本当にたくさんの梨園があって・・・。

昨日行った梨園は当時行った場所ではなかったけれど、おいしそうな梨がいっぱいなっていました。

父に聞いても、父も場所を覚えていない・・・。またドライブがてら行ってみて、当時よく行っていた梨園を見つけたいと思っています。

高温すぎ!!

以前も何度か書きましたが、私が通っている病院の信頼していた先生が辞めたり診療時間が少なくなったりしているので、治療をお休みしています。

その間に、ビリーやジョーバでダイエット!と張り切っていたものの、そんなにすぐには減ることもなく・・・。

前よりは食べるものなどに気をつけるようになったのは、良しとしようと思います。

そんなお休み期間なのですが、先月、ブータくんの実家に帰っていた間に基礎体温を付けるのをストップしてしまってからそのままになっていましたTaionkei3

まぁ、お休み中だしそれでもいいかと思っていたのですが、今月リセットしてから、また付け始めてみました。 生理周期15日目からプラノバールPhoto を飲むことになっているので、それのためにもつけておいたほうが飲み忘れがないかなと思って。

私は元々基礎体温が低めなんですが、まだ低温期なはずなのに、ある日の基礎体温がなんと「36.6℃」!!

これは確実に私にとっては高温期!!低温期にはありえない体温です。

もう高温期??と思ったんですが・・・、その日は朝から暑かったPhoto_2 起きたら汗だくになってたPhoto_3

気温のせいだったようです。今日はうちのあたりは35℃くらいだったようですが、兵庫県では38℃まで気温が上がった場所があったようですね(>_<)

今年は本当に暑いので、私の体温も上昇中ですUp このまま暑い日が続いて私の高温状態も続いたら、勘違いしちゃいそうです(^_^;)

卵巣年齢

テレビで「卵巣年齢」をやっていました。

番組で取りあげた人は、健康で生理不順もなく、実年齢31才なのに卵巣年齢は37才だったのです。

その検査を受けるまでは、妊娠はもう少し後でと考えていたようですが、この結果を聞いて妊娠を急いだとのこと。

それを見て「急いでできたんだ・・・。いいなぁ・・・」と思っちゃいました(^_^;)

その検査を番組のアナウンサーも受けていたんですが、実年齢27才で卵巣年齢34才。

37才を過ぎると、急激に妊娠率が低下するとも言っていました。

 

その後気になって気になって、「卵巣年齢」で検索してヒットしたサイトで、いくつかの質問項目に答えると今の卵巣年齢がわかるというものがありました。

さっそくやってみたところ・・・・

実年齢32歳、卵巣年齢28歳!!

なんですと\(◎o◎)/! 4歳も若いじゃないですか!!

まぁ、これはあくまでも問診みたいなもので・・・。と言いつつちょっと嬉しかったりします。

でもきちんと血液検査をしないと、本当の状態はわからないですよね。

その質問項目に「不妊治療をしたことがある」という項目は無かったんです。

今まで不妊治療でホルモン治療をしたり、顕微授精で卵巣に針を刺して採卵もしているから、治療していない人より大きな負担がかかっているのは事実だし。

私の本当の卵巣は何歳なんだろう・・・すっごく気になっています。

汗だく

今日はお仕事がお休みでした。

ずっと「今度のお休みは大掃除!」と決めて、カレンダーにも「大掃除」って書いていたんです。

今日やりたかったこと。

①カーペット干し

②床拭き

①は普段掃除機をかけたり、コロコロ(粘着テープ)でごみを取るくらいだったので。②も掃除機やクイックルワイパーだけでは、取れない汚れが付いている気がしたので。

いつもならついつい二度寝してしまうところですが、朝から髪を結び、首にタオルを巻いてスタート!!

朝からベランダの手すりにカーペットをドーンと干しました。

そして、バケツにマイペットを入れた水と雑巾を用意して、床拭きスタート。

ひざを付くのでジャージに履き替える気合いの入れようです(^o^)/

フローリングって、やっぱり汚れてるんですね(>_<) ・・・というより、私がサボりすぎなのかも。雑巾を洗うたびにバケツの水が汚れていって、いかに床が汚れていたかがわかりました。

クイックルワイパーのCMで千秋ちゃんが「ベタザラ~(>_<)」と言っている状態が、まさに我が家だったんだと実感。

窓の下は外からの汚れもあるようで、特に汚れていました・・・。

掃除の間窓を開け放していたんですが、入ってくる風も生ぬるくて、汗がどんどん流れてきました。

顔も汗でビチョビチョ。頭もビチョビチョ。Tシャツもパンツもビチョビチョ。

あまりにも汗が流れてくるので、首に巻いていたタオルも最後はねじりはちまきになってました。

疲れたけれど、床がスッキリしたのは気持ちがいいです!

その後シャワーを浴びてエアコンを付けたら、いつの間にかお昼寝してました(^_^;)

ヒロシマ

「広島は62回目の原爆の日を迎えました」

今朝はどのニュースもこの言葉で始まっていました。

戦争について「あの戦いがあったから、今の日本がある」という人もいます。

それは歴史的には事実なんだと思いますが、本当にそれしか方法は無かったのか・・・、考えさせられます。

祖父と行った広島の平和記念資料館。

今の広島からは想像もできない現実がそこにありました。

それでも私が見たものは、当時の資料。

これを目の前で実際に経験したら・・・・言葉がみつかりません。恐ろしいとか、悲しいとか、そういう気持ちでは表現できないのです。

私は平和な時代しか生きていませんが、戦争でたくさんの犠牲があったことを忘れないでいたいと思います。

暑中お見舞い申し上げます

Photo 暑中お見舞い申し上げます

お久しぶりです、ムースです。毎日暑いですね。

ボクが住んでいる関東も8月になると同時に梅雨明けし、本格的な夏が始まりましたPhoto

天気予報で見る「晴れマーク」。1年中同じお日様のマークだと思いますが、ポンタママは「冬場に見ると「暖かそう」に見えるのに、夏だと「ギラギラと暑そう」に見える」と半分怒りながら言っています。

さて、そんな暑さの中でも風が通れば涼しいですが、最近はその風すらも暑い・・・。

ポンタママは、エアコンをつけずに汗だくになりながら「私、頑張ってる!」としばらく耐えてからシャワーを浴びるのが好きみたいですが、ボクは暑いのが苦手。

うさぎって暑さに弱いんです。特に湿度が高いのがダメなんです。

ブータパパとポンタママが、凍らせたペットボトルやアルミ板で暑さ対策をしてくれてますが、昼間ポンタママが仕事に行っている間は完全エアコンです

そして最近では、日中の暑さでボクがバテないように、早めにエアコンを入れてくれています。

ブータパパがポンタママに「オレが暑いって言っても我慢なのに、ムースなら入れてやるんだ・・・」と言ってるのが聞こえちゃいました。

エアコンを入れるかどうかはボクが基準みたいですPhoto_2

Photo_2  お外は暑そうだなぁ・・・

Photo_4  床が冷たくて、気持ちいい~

巻き爪のその後

ブータくんが「巻き爪の痛みが軽減するように」とクッション糸を買ってきてくれてから、しばらくその糸を使って食い込みを和らげていました。

そして、いつもは痛みに負けて深爪してしまう親指のつめを頑張って伸ばしていました。

でもついに・・・痛みに負けて、その後やっぱり深爪してしまいました。

いつもならそれで痛みは少し和らぐんですが、痛みはひかず・・・。

病院に行きました。

以前右足の親指の爪を手術したことがありますが、その時ほどではないにしても同じ痛みだったので。

看護師さんは私の爪を見るやいなや「あ~、深爪しちゃったねぇ。これダメなんだよねぇ」と。はい、わかってます。でも痛かったんだもん。

「昨日、ガマンできずに切ってしまって・・・」それまで頑張って伸ばしてたけど痛かったんだもん!と言いたかったのをガマンしました。

その後先生が来て、以前手術した右親指の爪を見て「あ~、これどこでやったの?もし左足もやることになったら、僕はもっと上手にやってあげるからね」と。

そうですか・・・。

そして私の足の指や爪に触るでもなく「塗り薬出しておくから、様子をみましょう。手術や処置のことは、この後説明があるから」とのこと。

はい、そうですか・・・。

その後の看護師さんからの説明では、手術以外に、爪を伸ばしてからその爪の先にワイヤーをつけ、爪の両端を広げて食い込みを和らげる処置もあるとのこと。

今の状態で少し様子を見てから、痛みがひけばそのまま様子見で、痛みが続くようだったらどちらかの処置を選択することにしました。

患者さんがすごく多かったので先生の腕は悪くないんだと思うし、巻き爪なんかいっぱい診てきて、私の状態はちょちょっと見るだけでわかったんだろうけど・・・ちょっとイヤだったなあ。

看護師さんも「ね、わかる?」とか「あ~、切っちゃったんだ~(-。-)」という口調。

私より確実に年上なのはわかるけど、馴れ馴れしかったりちょっと小ばかにしたような口調の看護師さんが大嫌いな私には、その看護師さんに不信感たっぷり。

他にもたくさん看護師さんがいたので、次は違う人が担当してくれることを祈りつつ病院を後にしました。

それから約1ヵ月経ちます。

親指の爪は頑張って切らずにいますが、またくい込んできたのでブータくんが買ってくれたクッション糸を使い始めました。

前回の通院後、「右足の爪のように手術をして、巻いている部分の爪が生えてこないようにしてもらおう」と考えていましたが、それだとお風呂に入りづらい、靴がはきづらい、毎日消毒に通わないといけない・・・などなどリスクがあります。

以前手術をしたときは学生だったので、色々なことがなんとかなりましたが、今は仕事があるのでワイヤー治療のほうがリスクが少ないかなと考え始めました。

もう少し伸びたら、また病院へ行きます(-"-)

おばちゃん目線

先日、電車に乗って大宮に行ったときのこと。

夏休みに入ったので、電車にはおしゃれをしたキャピキャピ&プリップリ&ピチピチ感いっぱいの女子高生がたくさん!

最初は「夏休みを楽しんでるのねぇ」なんて思いながら見ていたんですが、

電車の中で化粧をする、大きな声でしゃべる(しかもすごい言葉遣い)、おにぎりをほおばる、足を広げて座る(見えるよ!!)・・・

おばちゃんの域に入ってきた(いや、入っている!?)私には「最近の若い子は・・・」の景色でした。

でも、途中の駅で松葉杖をついた方が入ってきたときに、座っていた一人の子が

「松葉杖の人が乗ってきたから、私立つわ」

と言って、スッと立ち上がり、「ここどうぞ」とその人に声をかけたんです。

正直、ビックリしました。

それまでのマナーには目を覆いたくなる感じだったのに、ちゃんと人のことを考えられる子だったんですね。

気持ちが温かくなりました。

 

が、その子、本当に涼しそうな露出度の高~い服を着ていたんです。

席を譲り、私が立っていた側に来ると「ここ、さみぃー」と言い出しました。

確かに私が立っていた辺りは、冷房の風がよく当たる場所でした。でも人が多かったのでちょうどいいくらいに涼しかったし、周りの人はそれでも汗をぬぐうほどでした。

その子はお友達に「さみぃー」を連発。そして数分たったとき、「やべ~。腹、痛くなってきた・・・」と。

あらら、大丈夫かしら?と思っていたら「完全やべ~。次の駅で降りる」と言って、お友達と一緒に降りてしまいました。

冷えてしまったんでしょうね。

その後、私の周りで同じように様子を見ていたおばちゃんたちが

「肩もへそも尻も出る服を着てるから冷えたのよ~。若くても、あんなに色々出してたら冷えるわよね~」と。

確かに。

暑い夏でも冷えは大敵ですよ。

女子高生の温かい気持ちにホッとした直後、おばちゃんたちの意見に納得してしまったのでした。

保育という仕事

私は2年半前まで幼稚園に勤めていました。

「子どもと遊ぶ仕事って楽しくていいよね」「子どもが帰るの早いからいいね」

はたから見れば、そういうお仕事にも見えるのでしょう(^_^;)

でも、先生はただ遊んでいるわけではなくて、年間計画、月案、日案などを立てて、年齢に応じた人間関係、身体機能を考えながら、遊びを通して色々な経験・体験ができるようにしているのです。

子どもが帰るのが早くても、先生はそんなに早く帰れません。

保育室の片付け・掃除、次の日の保育準備、日誌書きなどなど・・・、仕事は山ほどあります。

例えば、子どもと何かを作ろうと思っても、それを作るための準備が色々必要です。まず素材は何を使うか。紙を切るとしたら、切りやすいように線を描く(印刷する)。糊を使うときはお手拭や下に敷く紙を準備しなきゃ。

そして、その日の活動を「やってみよう」という気持ちになれるように、お部屋の環境を整えたり、それに関連した絵本や紙芝居を探したり・・・。

でもどれも子どもたちのため。やり始めると、とことんやりたくなってしまうんですよね。

 

他にも、園外にお出かけするときは、とても気を遣います。特に最近は色々な事件も起きていますから、周囲に目を配り、安全に配慮します。

子どもたちが全員いるか。これは何より大切な確認事項です。

普段、園庭で遊んだあとにお部屋に全員が戻っているかも確認するくらいですから、園外に出たら必須事項です。

それなのに、先日、私が以前住んでいた地域の保育園で、子どもが車に取り残され熱中症で亡くなるという痛ましい事件がありました。

おやつのプリンが1個余るまで気付かないとは・・・。保育士の怠慢としか言いようがありません。

上に保育者の色々な仕事を書きましたが、一番大事なことは、子どもの命を守ること

一番大事なことが子どもを預かる現場でできなかったこと。残念でなりません。

私が働いていたとき、子どもの人員確認は当然のこととして行われていましたが、改めて、その当たり前のことがどれだけ大事なことだったのか、思い知らされました。

二度とこのような事故が起きませんように・・・。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ