« 子宝草 | トップページ | 帰省 »

子育て猫

父は単身赴任をしているが、今日札幌の母のところへ帰った。

年末年始はのんびりしてくるみたい。ただ、妹も今日から赤ちゃんを連れて実家に泊まるらしく、父はまだ慣れていない孫相手に四苦八苦することでしょう(^_^;)

 
そんな実家には猫が2匹いる(=^_^=)(=^_^=)

どちらも女の子。実の姉妹猫ではないけれど、先に我が家に来たお姉ちゃん猫と後から来た妹猫。性格もお姉ちゃんらしさ、妹らしさが出ていておもしろい。

私は年に1~2度しか会えないので、帰省するたびに「誰だこりゃ?」という顔をされるが、少し経つと「あぁ、この家の長女だったわ」と思い出してもらえる。

動物と子どもには好かれるブータくんも、実家の猫2匹には「あぁ、長女のダンナね」と覚えてもらえたようだ。

 

妹は実家から車で30分くらいの場所に住んでいるので、時々赤ちゃんを連れて気分転換に帰っている。

前からいる猫2匹にとって、赤ちゃんは突然加わった見たこともないちっちゃな人間。

それこそ最初は「なんだ、これは?」という顔で見ていたらしい。

赤ちゃんの匂いを嗅いでみたり(ミルクのいい匂いがするみたい)、じーっと近くで覗き込んでみるけれど、突然「フギャ~ッ」と泣く赤ちゃんにオロオロしたりビックリしたり、猫も初めての赤ちゃんに戸惑いの連続。

でもその生活にも段々と慣れてきて・・・

赤ちゃんが泣くと母や妹のところにきて「泣いてるよ」と前足で突ついて知らせてくれるようになり、今では泣いている赤ちゃんのおなかに前足を置いて、トントンとあやしてくれるようにもなった。

でも、それをするのは決まってお姉ちゃん猫。でもお姉ちゃん猫だって甘えたいから、赤ちゃんが寝ているのを見計らって、母に「なでて抱っこして」と甘えてくる。

さすがお姉ちゃん!とみんなで褒めてやった。

かたや妹猫はというと・・・、赤ちゃんが寝ている座布団やベッドから赤ちゃんがいなくなると同時に、そこに仰向けでデーンと寝そべり「私の場所よ!みんな私にもかまってよ!私のことも抱っこしてよ!!」と猛アピール(^_^;)

赤ちゃんと同等にしないと機嫌が悪い。

猫2匹と赤ちゃん。3姉妹の甘えん坊合戦はまだまだ続きそう。

 
猫も赤ちゃんも父に会うのは半年振り。猫も赤ちゃんも、まずは「誰だこりゃ?」から始まるんだろうな。

« 子宝草 | トップページ | 帰省 »

コメント

ポンタさん、こんばんは!
子育て猫ちゃんいいですね。猫にも母性本能があるんでしょうね。なんか、温かい話ですよね。

そんな可愛い猫タンがいるなんて!!!!
猫タン欲しいー^^

しましまさん、シュナコさん
あけましておめでとうございます♪
いつか私も自分の子どもを実家の猫に育ててもらおうと思っています(^.^)
今年こそいいことがありますように・・・。お互い頑張りましょう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子宝草 | トップページ | 帰省 »

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ