事故のその後

前回から2か月ぶりの更新ですcoldsweats01

 

この2か月間で新しい部署にもだいぶ慣れてきました。

とにかく「私の居場所はここにはない!」と思っていた毎日でしたが、ドッカリと自分の席に座り仕事をしています。

相変わらず「気分転換に、せめてお昼は外に出よう」と思いますが、仕事pcの都合やお財布事情moneybagでそうもいかず、自席で食事をとることも。

そんな毎日ですが、上手に気分転換しながら・・・と心がけているとどうにかなるものだなと実感しています。

 

さて。

交通事故のその後ですが、まだ終結していません。

相手方からの提示に納得いかないことがあり、弁護士さんにお伝えしたところ「それは過度な要求ではないので、しっかり伝えていきます」と言っていただきました。

骨折後に手が動かずに日常生活がままならなかったことを理解してほしい!という部分です。

理解してもらう=賠償になってしまいますが、「お金うんぬんではなく、そこを認めてほしい」というのが一番の主訴なのですが、なかなか納得いく回答をもらえずにいます。

 

そして最近の一番大きな出来事は、加害者に手紙を書いたことです。

事故直後から、加害者の誠意の無さに呆れていました。

自分勝手な言い訳ばかりしていたこと、自分が言ったことすら実行しないこと等々、人としてどうなの?と言いたくなる相手で。

おそらくあと少しで損害賠償について結論が出ると思うのですが、こちらのモヤモヤを抱えたまま終結さえるのが悔しかったので、弁護士さんに相談したところ、手紙を書いてはどうかと提案していただきました。

代理人を立てている以上、直接交渉はできないので。(ここも相手はルール違反をしてきました)

 

努めて冷静に、丁寧な字で手紙を書きました。

怪我を治したくて努力したこと。それなのに元に戻らず、どれだけ悔しい思いをしているかということ。

家族や友人や職場にどれだけ心配や迷惑をかけたかということ。

そして加害者がいかに自分勝手な振る舞いをしてきたか。それによって私がどれだけ不快な思いを繰り返してきたかということ。

全て書きました。

弁護士さんには、冷静に書かれているので修正はないと言っていただき、そのまま送付していただきました。

 

相手に届いたことは確認してもらっています。

こちらの想いが正しく伝わることを願うばかりです。

・・・が、今までの誠意の無さを考えると、また上辺だけの反省と「こんな手紙が届いて、私かわいそうsweat02」って思うんだろうなと思ったりしますcoldsweats01

チャレンジ!

前回のブログの日にちを見て、ビックリ。

こんなに書いていなかったんだなぁとcoldsweats01

新年度が忙しかったのもありますが、不妊治療の色々な想いを誰かと共有したくて始めたブログなので、これはこれで今のペースなのかなと思ったりします。

 

さて。

前回の交通事故裁判の後は・・・・特に進展がありませんgawk

慰謝料など賠償については弁護士さんに頼んでいるのですが、相手側がかなり低い提示をしてきていたので、一定のラインになるまでは交渉してもらうことにしています。

怪我で仕事ができないわけではないし、生活に困っているわけでもないので、賠償を急ぐ必要はありません。

だからこそ、時間がかかってもきちんと対処してもらいたいと考えています。

 

そして、この春は大きな変化がありましたcherryblossom

仕事では、今までと全く違う部署への異動がありました。

初めての仕事内容、聞きなれない用語、わからない段取り・・・大きなストレスで、ふと気づくと涙が出ている。

そんな新年度のスタートでしたsweat02

orangeさんにERTで診てもらったらやはり大きなダメージを受けていて、久しぶりに数日おきに遠隔施術をしてもらっていましたweep

最近は月1回メンテナンスでサロンに行くくらいだったので、どれだけ負担になっていたかがわかります。

でもそれはストレスだけではなくて、自分の気の持ちようで変えられることもあって・・・。

orangeさんに言われて、自分で乗り越えなきゃ!と。

自分でも思っていたことでしたが、前の仕事を頑張ったプライドや新しい仕事への気持ちの切り替えが足りていなかったようです。

最近は新しい仕事の流れも少しずつわかってきて、気持ちも変わってきた気がします。

 

もう一つは、新しい資格取得に向けて動き始めたことpencil

まさか異動すると思っていなかったので、新しいことが同時に2つ始まることになってしまいましたsweat01

時間も気持ちも余裕がない毎日ですが、今やらないと後悔することは確実なので、色々なことに優先順位を付けながら過ごしています。

ブータくんの負担(家事など)も増えていますが、快く協力してくれて本当にありがたいですheart04

 

強がりではなく、子どもを授かっていたらこの生活は無かったなと思います。

もちろん、子どもを授かれていたら、また別の幸せな生活を送っていたと思いますが。

40歳になる前にこれからの生活を考えた時、「二人の生活が続くのなら自分のやりがいを見つけたい」と今の仕事に就いたことで、次の目標ができました。

これが無かったら、今も不妊治療に気持ちを揺さぶられていたと思います。

新しいチャレンジも色々大変ですがcoldsweats01、ブータくんや友達、職場の方たちの力を借りながら頑張ろうと思います!!

裁判

またまたお久しぶりのブログ更新ですcoldsweats01

 

先日、1年前の交通事故の裁判が行われました。

2ヵ月くらい前に検察官の方から「公判請求(基礎)しました」という連絡をいただきました。

事故そのものについての刑事事件なので私が出廷する必要はないとのことでしたが、傍聴することはできると教えていただいたので、行くことに決めていました。

事故について加害者がどのように考えていて、そんな罰が下されるのか。自分で確認したかったんです。

 

裁判所なんて行くことがないので、少しドキドキしながらブータくんと向かいましたrvcar

法廷は思っていたより狭かったですが、ドラマで見るそのもの。

私をはねた加害者は「被告」と呼ばれました。

最初こそ「テレビで見るのと同じ」と思いながら見ていましたが、事故の状況や被告人が話す内容を聞いていると、事故のことやそのあとのリハビリの日々を思い出して少し辛くなってきて・・・。

さらに裁判の中で「事故は起こるべくして起きたんだ」と思う話が出て、加害者に対して怒りが復活しました。

ずっと我慢してきた言いたいことや怒鳴りつけたいことを目の前に立っている加害者に思いきりぶつけたかったのですが、その気持ちをグッと抑えて傍聴しました。

すると、検察官の方が私の気持ちを代弁してくださっているかのような言葉をたくさん加害者に伝えてくれました。

事故後の加害者の言動について、私がどんな気持ちになったか。

車を運転する人として、あまりにも責任が無さすぎるんじゃないか。

そして裁判官も口調こそ静かでしたが、厳しい内容を加害者に伝えてくれました。

直接私が想いをぶつけることはできませんでしたが、裁判官と検察官の方が私が言いたいことをわかってくれていると思うと涙が出ました。

 

判決内容は交通事故としては厳しめの内容だったと、検察官の方が教えてくれました。

今までたくさんたくさん嫌な思いをさせられてきましたが、今回の判決を受けて、加害者が自分が起こした事故の責任をきちんとわかってくれることを祈るばかりです。

 

いろいろなことが片付くまで時間がかかると思いますが、ひとつ区切りがつきました。

それでもまだまだ「あなたのせいで!」と大きな声で怒鳴りつけたい気持ちが消えません。

手の痛みが一生残る可能性があること、加害者が普通に生活をしていること。納得できないことが残っているからだと思います。

 

今回の裁判を傍聴して、改めて「絶対加害者になっちゃいけない」と思いました。

運転をする私もブータくんも、一歩間違えると加害者になる可能性があるということ。絶対忘れないようにしたいと思います。

ビビリ

毎月ERT療法で体調を診ていただいていますが、先月の施術で初めて「胃のあたりに悪性のエネルギーがある」と言われました。

自分の体のことになると、人一倍心配になって、ネットで症状などを検索しては自分の不安を煽るという面倒くさいタイプsweat02

今回も「私、胃がんなんだ・・・」と思い込み、ネットで検索。

今の私に当てはまる症状はあまりなかったのですが、「初期でわからないのかも」と思ったり、がん保険のCMを見ては「あぁ・・・入っておけばよかった」と思ったり。

さらには今まで全く何も感じなかったお腹に痛みを感じる始末。

それと時期を同じくして、私の職場に「がん検診を受けましょう!」という啓発ポスターがいたるところに貼られて、職場を歩くだけでがん・・・がん・・・と気持ちが落ち着かない毎日でしたweep

orangeさんからは「年内に一度検査してみるといいと思いますよ。その結果によって施術も変わりますからね」と言っていただいていたので、急を要する状況ではないと思いつつ、ドキドキは加速して、エネルギーを入れてもらっている水の瓶には私の不安がたくさん詰まっていたようです。

 

掛かりつけの先生に相談してから胃カメラ検査を受けようと心に決めて、ようやく今日検査を受けてきました。

結果は・・・十二指腸の炎症と軽い胃炎などがありましたが、一番心配していた胃がんはありませんでした。

検査中はモニターを見ながら先生の説明が聞けて、生まれて初めて自分の食道や胃、十二指腸を見ることができました。

 

恐怖心や不安感を煽り続けた1か月半でしたが、胃の検査は受けたことがなかったので、良い機会を作ってもらえたと思っています。

悪いエネルギーがあっても発症する人としない人がいるということでしたが、これを機に定期的に検査を受けていこうと思います。

 

今日は秋晴れの気持ちの良いお天気でした。

病院を出た時の空は本当に本当にきれいに見えましたhappy02

交通事故のその後

気づいたら、秋になっていましたmaple

年々時間が経つのが早いですcoldsweats01

この夏から秋にかけては、仕事や実家の義母のことなど色々と考えることが多い毎日でしたが、元気にやっていますsign01

 

交通事故のリハビリ、8月末で終了しました。

11月に事故に遭って12月に手術。その後約9か月の間、仕事で遅くなった日以外はリハビリにせっせと通いました。仕事が早く終わってもリハビリに行っていたので、毎日家に着くのが21時近く。

元のように動かしたい一心で。

リハビリの先生からも「一度壊れたものが完全に元通りになることはない」と言われていましたが、本当にその通りで・・・。

日常生活に支障がないくらいに動くようになり、たぶん手首の手術痕を見なければ、長期間リハビリをしていたことは誰もわからないと思います。

でもちょっとした際に感じる痛みや完全に元どおりには戻らなかった手首の可動域に、イラッとしたり悲しくなることがあります。ピアノも弾けるようになりましたが、その最中に痛みが走ることもあって、忘れたくても忘れられないという感じです。

なので、完治ではなく症状固定ということで、後遺障害の申請をしたところです。

そして今日、検察庁から電話があり(オレオレ詐欺かと思って、最初ちょっと疑っちゃいましたcoldsweats01)、これから加害者の裁判が始まるそうです。

私のケガが全治6か月以上で重症と判断されたため、軽微な事故ではなく刑事事件として起訴するとのことでした。

正直ホッとしました。

最初から誠意を感じなかったことや、謝罪も人に言われてようやく来たこと、その謝罪も中途半端で、たぶんこれだけ長期間私がリハビリをしてきたとは思っていないと思います。きっともう「終わった」と思っていると思います。

検察官の方からも私が感じていたようなお話があったので、自分が起こしたことに対してきちんと罰を受けてもらいたいと思っています。

 

後遺障害の認定が出るのもまだしばらくかかるようなので、すべてが終わるのは年を越してからになりそうです。

ごちそうさまでした

先日、おいしいお土産をいただきましたsign01

Isaki

イサキですfish

ERTでお世話になっているorangeさんのご主人が釣りがお好きで、私たちがサロンに伺った日によく「今日は釣りに行ってるんですよ」とお聞きしていました。

この日大漁だったそうで、クーラーボックスにイサキがビッシリsign01

しかも大きなものばかりsign01 

 

お魚と言えば切り身。

自分で魚を下ろすのは年に1回あるかないか・・・。

そんな私がこんな新鮮なお魚を上手に捌けるかしら??とちょっと心配でしたが、うろこを取り、お腹を開くと1匹から白子、3匹から真子が出てきました!

Dsc_0183

「真子があったら当たりですよsign01」とご主人に教えていただいていたので、ルンルンnoteで捌き続けました。

そして無事お刺身に変身fish

Sasimi

新鮮なお刺身の味は格別sign01(盛り付けはイマイチですがcoldsweats01

弾力があって本当においしかったです。

そして卵は煮付けと湯引きにしました。

Tamago

真子はポン酢で食べると美味しいと教えていただいたのですが、ポン酢が無かったので酢味噌で食べてみました。これも美味しかったです。

翌日は塩焼きも食べましたが、これも美味しかった~delicious

 

お刺身でいただいた日は私の誕生日前日で、「休日にゆっくりお祝いしよう」とブータくんが言ってくれていたので、食卓にきれいなお刺身が加わってとても幸せでしたhappy01

 

ERTとイサキで癒された週末。

ありがとうございましたheart04

お誕生会

職場で仲良くしてもらっている同じ7月生まれのお二人と定期的に飲み会をしていて、今月はお誕生会をしましたshinebirthdayshine

私からのプレゼントはこれsign01

猫ちゃんを飼っている方に。

Neko_2

 

お城巡りが好きな方に。

Siro

オーダーメイドのアイシングクッキーです。

二人とも「すごいねhappy02」とビックリしてくれました。

大成功sign03

我が家用にも。

Kobuta

ブタちゃんはお店で売られていますが、うさぎはわたしのイラストを基に作ってもらった、ムースくんとつくねちゃんです。

私の拙い絵が・・・

E

かわいいクッキーになりました

Tukumu

かわいいだけじゃなく、味もGood

賞味期限があるので、飾っておけるのもあと少し。

目で楽しんだあとは美味しくいただこうと思います。

Osonae

リストバンド

手術を終えて包帯が取れてから、ずっとサポーターをしています。

最初は保温と傷口を日光に当てないためだったのですが、最近は縫合痕が見えないようにする目的が大きくなっています。

手術の縫合痕がケロイド状の赤黒い線になっているんですsweat02

リハビリの先生から「これは仕方ない」と言われています。

それでも何度か先生に聞いたのですが、

「女性は気になりますかねぇ。まぁ、横向きの傷だったら気になるけど、縦だから大丈夫ですよ」

と言われる始末・・・。

だんだん暖かく(暑く)なってきて、七分袖の服も着るようになってきたので、嫌でも目に入ります。

傷の場所が右の手首側で、自分からよく見える場所なので気になるし、人に見られるのもイヤで、サポーターをはずせずにいます。

 

ずっと着けているのは、病院でもらったもの。

Photo_2

しっかり手首を支えてくれるので安定感と安心感はあるのですが、真っ白で目立つ&スポーツしてるんですか?って感じのものなので、もっとベージュで目立たないものはないかなぁと探していました。

でもなかなか無いんですね。

薬局で売っているサポーターも白か黒。

スポーツ用品で見るとカラフルすぎる。

 

そこで、ベージュの布でリストバンドを作ることにしました。

筒状にした布に、ゴムを入れただけですが、ちょうど傷が隠れる長さに作ることができました。

洗い替えも考えて2つ。

Photo_3

両端だけにゴムを入れると、腕カバーみたいになってしまうので、何段もゴムを入れてみました。

Photo_4
これも全く目立たないものではないし、こんなものを着けている方が目についてしまうかもしれませんが、この傷を見ずに済む方を取りました。

布が薄手なので、サポーターより涼しいといいな。

sakiさんのはんこ

今まで何度もお世話になった「夢降る街の物語」のsakiさん。

お忙しい時もオーダーを受けてくださり、丁寧な作品を作ってくださいました。

しばらくオーダー休止とされていましたが、このたびめでたく再開sign03

そして嬉しいプレゼント企画もnote

私も早速応募したいと思っています。

 

夢降る街の物語はコチラ

GW

GW前半は家の近所で過ごしたり、or*angel(ERT療法)のサロンに伺って施術を受けたりしました。

そして後半は、川越へbus

「車で行くと渋滞で大変な思いをしますよsweat01」とリハビリの先生に聞いていたので、電車で行って、周遊バスの一日券を買って色々と回ることにしました。

電車でも小一時間で着く距離。小旅行ならぬ極小旅行ですhappy01

中院、仙波東照宮、喜多院、五百羅漢、本丸御殿を見て、菓子屋横丁から蔵づくりの街並みを見て回りました。

さすがGW。ものすごい人出で、とくに蔵づくりの街並みはあまりゆっくり見ることができませんでした。

しかも時の鐘は耐震工事中・・・。

またゆっくり散策したいと思います。

快晴!というわけではなかったのに、5月の紫外線の力は本当にすごいsun

首元がV字に開いていたのですが、しっかりその形に日焼けしていましたshock

«熊本

赤ちゃん待ち歴

COUNTDOWN


ODF

  • 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」2012年9月7日公開!

ゴスペラーズ

無料ブログはココログ